netgeek

0

【速報】サイバーエージェントがバイラルメディアSpotlight(スポットライト)をオープン!これは伸びるぞ…今のうちに株買っておけ!

腹BLACK 2014年4月24日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Buzzfeed日本上陸で注目を集めるバイラルメディア。流行の波を捉えて新規事業を興すのが上手いサイバーエージェントが4/23にバイラルメディア「Spotlight」をオープンさせていたことがnetgeek編集部の調査により明らかになった。

spotlight

Spotlightは直球のバイラルメディア

Spotlight
http://spotlight-media.jp/

Spotlight(スポットライト)は、最新のトレンドからエンタメ・社会問題に至るまでの幅広いジャンルで、人々の心を動かすコンテンツを発掘するWebメディアです。公式アカウントでは、「スポットライター」が最新の話題をいち早くお届けします!

まだ記事は12記事しかなく、最初の投稿記事の日付が4/23になっていることからオープンしたてであることが分かる。

気になる記事内容はというと、Buzzfeedと同じように「~な10選」、「~な10枚の画像」といった画像系や動画紹介が中心。カテゴリーには「コラム」というメニューもあるが、まだ記事は投稿されていない。

spotlight2

今後はインタビューも行っていくということで、若い世代をターゲットとした総合エンタメ情報サイトを目指していくものと思われる。

「バイラルメディア」というと日本人にはまだ馴染みが深くないかもしれないが、画像や動画を中心として面白いコンテンツを提供するメディアのことで、2ちゃんねるまとめブログに近いポジショニングというと分かりやすいだろう。

どのような人がサイトを担当しているのかは明らかにされていないが、若手にどんどん裁量を与えるサイバーエージェントのことだから20代の新人が担当している気がする。

Spotlightについて何か情報が得られないかと色々検索してみたところ、SNSアカウントを発見。

facebookは現在「302いいね!」。これからどんどん増えていくのだろう。

spotlight3

twitterは現在55フォロワーで、藤田晋社長と人事部の曽山哲人さんがフォローしていた。

spotlight4

ツイートをみるとやはりオープンしたばかりとのこと。

 

 

初初しいツイートが見られる。

熾烈な争いを繰り広げるオンラインメディア

現在、国内のニュースメディアは紙からウェブへ移行が進むことで参入者が相次ぎ、熾烈な競争が繰り広げられている。バイラルメディア系はねとらぼ、ロケットニュース、GIGAZINE、ガジェット通信などの記事数が多い古参が上位を占めている状況だ。

図1.オンラインメディアランキング

tweet_ranking

まとめブログもこれに加えるとするなら、ハム速や痛いニュース、アルファルファモザイクなども上位に食い込んでくる。PV争奪戦がいかに激しいかお分かりになるだろう。既存のコンテンツをキュレーションして紹介するバイラルメディアはネタがかぶりやすいのが難点。参入者が増えれば増えるほど加速度的に儲かりにくいビジネスになる点に特徴がある。

Spotlightの編集者は数名だろうか。Buzzfeedやロケットニュースが1日に大量に記事を更新するスタイルをとっているので、今後はSpotlightもそれに対抗してスタッフを増やし、記事更新スピードをあげてくるはずだ。そうなればSpotlightもあと数年でPV、ツイート数ランキングでランクインするようになるのではないか。

サイバーエージェント直近5年の株価

z

サイバーエージェントとしてはしばらく様子を見て、波に乗り始めたらTVCMなどの大規模な宣伝に力を投じていくものと思われる。大手企業の参入にnetgeek編集長は戦々恐々としている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!