netgeek

0

消すまでがアート。すずきらなさんの黒板アートが凄いと話題に

腹BLACK 2017年10月16日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科に在学中の「すずきらな」さんの作品が注目を集めている。

チョークを使って自由自在に物を表現する巧みな技だ。

▼いちごのショートケーキ。いちごの艶や質感が見事に表現されている力作。

出典:https://twitter.com/RanaS0803/status/914826056384655361

▼猫。描くのに相当な時間がかかりそう。

▼信号機。少し汚れた感じまで表現されており、そのリアリティは圧巻。凄すぎる。

▼しかし学校の黒板に描いたものなのでいつかは消してしまう。すずきらなさんいわく、消すところもアートなのだという。

▼水(お湯)の表現力がすごい。普通の人は水を描けと言われたら困惑してしまうに違いない。

▼スニーカー。構図もかっこいい。

▼所変わってこちらは作業中の様子。黄色い鉛筆を描いているところ。

▼塾の壁に描いていたのであった。まだ学生ながらにしてこんな仕事も請け負っているとは…。

すずきらなさんは二科展(高校生の部)や全国コンクールでの受賞歴もある実力者。今後はますます有名になっていくことだろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!