netgeek

7

【悲報】シルク舛添要一、書道がド下手なうえに「金」の漢字を間違える

腹BLACK 2017年8月19日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

元東京都知事の舛添要一が有吉ジャポンに出演し、職を失った悲惨な現状を明かしてくれた。

現在は月収11万円でカップ麺を食べる生活。

すっかり地獄を見たという舛添要一に番組は追い打ちをかけるように書道を用意する。確か舛添元都知事は書道のために税金でシルクの服を買うほどの達人だったはず。その腕前はいかに。

有吉「どうする?なに書きますか?美優ちゃん、書いてほしいものある?」

池田美優「せっかくだからお金って書いてほしい」

リクエストを受けて舛添要一は肘の下に手を挟んで書き始める。

「うまっ!」「おーっ!」という声があがるが、有吉は「おーっていうほどのものか?(笑)」と冷笑。

書き終わってから舛添要一は「ちょっとあんまり、うまく書けませんでしたけども…」と言いつつ、有吉に手渡す。

こっこれは…!はっきり言ってド下手だ。しかも「金」の漢字を間違えている。「お」の点についても、位置と縦に書いているところがおかしい。

コメントに困った周囲は「味がある」と一言発するものの、小柳ルミ子が半笑いで「味があるか?」とばっさり。さらに舛添要一は致命的なミスを犯したと指摘する。

小柳ルミ子「はっきり申し上げてこうやって(手を肘の下に挟んで)書かないんですよ。これは小筆なんですよ」

舛添要一は顔を強張らせたまま何も言わない。

小柳ルミ子「だからショックです私」

舛添要一「趣味ですから…」

引きつった笑顔が印象的だ。おそらく舛添要一はこうして書道の腕前を披露するコーナーがあり、恥をかかされるとは知らなかったのだろう。当時は「普通の服では袖が引っかかるのでシルクの服を買う必要があった」と説明したのに、趣味レベルでも書道はやっていないということが明白になった。

こんなお笑い芸を披露して笑われる対象になるのが都知事だったとは…。今の月収11万円がよく似合っている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. 舛添は国会議員やっていたから、議員年金をもらっているはず。
    議員年金でなくても年金収入がある年齢だろ?
    何故そこを報道しないのか?

     
  2. いじめというか、ネタにされる側になってテレビにまた出て収入を得ようという、ご本人の意思じゃないですかね。

    書道の道具買った件については、教養のため書道を始めようと思い立ったら先に道具をそろえて、すぐに飽きちゃうタイプなのかもしれない。道具を公費で買うのはせこい気はするが。

     
  3. 金の異体字を、「間違い」と呼ぶ筆者のほうが恥ずかしい。出直して来い。

     
  4. 議員年金もあれば都知事退職金もしっかりもらってるだろ。世間の同情を引くためか、もっと稼ぎたいとおもっているのか知らないが、不愉快度がさらに加速してるな。こんなのテレビに出すなよ。おれは見ないけどね。

     
  5. 退職金2200万円を返還したって聞いたことが無いんですが?
    公費で修繕改築した豪邸と別荘は全て売り払ったんでしょうか?
    夜逃げしたって家を売ったわけでも、土地を手放した訳でもないですやん?
    擁護している人は確認したんですか?

    テレビの放送では司会から出演者まで「まぁええやん」って雰囲気をぶち破った小柳ルミ子は偉い
    有吉きたねぇ、こんな庶民をバカにした番組支えるスポンサーもきたねぇ

     
  6. 間違いではないよ
    金の異体字で、隷書にある字体だよ
    調べてから批判しないと恥ずかしいよ

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!