netgeek

0

普通は攻めと守りなのに蓮舫は何の話をしているのか

腹BLACK 2017年7月28日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

民進党の蓮舫代表が突然辞任を表明したことで日本中に動揺が広がっている。しかし動揺といえば蓮舫自身もかなりパニクっていたようだ。

「攻めと守り」を間違って表現している。

蓮舫はこの言葉を一体どこで覚えたのだろうか。一部界隈のマニアックな世界では「急に親近感が出てきた」という声もちらほらと聞かれた。こんな蓮舫の言葉が日本全国にテレビで流されてしまうのだから大変だ。

実は蓮舫は会見において、辞任する理由をはっきりと口にすることがなかった。

重要なポイントは辞任理由が分からないということ。都議選での大敗で責任をとったのかと思いきや、蓮舫はそれだけではないと否定する。もしかすると民進党内で蓮舫下ろしのクーデーターがあったのかもしれない。蓮舫はこれより前、所属する議員に人事命令を断られ詰んだ状態になっていた。

蓮舫代表に対する不信の高まりが組織の崩壊を招いたのだろう。居場所がなくなった蓮舫代表は誰に相談することもなく突然辞めると宣言して民進党議員たちをも驚かせた。後任は決まっておらず、民進党は大慌てだ。

蓮舫は会見後「一度立ち止まることにした」と説明した。

しかし宣言の中でも安倍総理に対する憎しみの気持ちを書き連ねているところが意地が悪い。正しいことをするためにやり直すのはいいが、他人の足を引っ張るためにやり直すというのはいかがなものか。間違っているのは自分の方針なのだ。

まずは国民のための政策提案を目標に掲げないと民進党の未来はない。安倍総理を倒したいなら安倍総理を越える提案をしないと国民の支持は得られないのだ。

「普通の議員に戻ります」

出典:https://twitter.com/fuku__taro/status/890464050718547968

そっとブーメランを置く蓮舫の姿はどこか哀愁漂うものがある。これまで鬼の形相、作り笑いと状況に応じてマスコミ向けに表情をつくってきた蓮舫も最後だけは本当の顔が見られた。代表を辞めるということでもうしがらみがなくなって安堵したということか。

記者「安倍内閣の支持率が下がっているのに民進党の支持率が上がらない原因は?」

蓮舫が回答を誤魔化す中、生中継を見ていた人たちは一斉に代わりに答えた。二重国籍問題にけじめをつけなかった蓮舫は代表になる資格がなかった。いや正確には日本の政治家になる資格すらなかったというのが本質であろう。

会見後、ニコ生のアンケートでは「良くなかった」が56.3%となり、辛辣な結果が出た。

最後の最後まで一切評価されることがなかった蓮舫代表。普通の議員に戻ったとしても二重国籍問題は消えない。戸籍謄本の公開を拒んだ蓮舫は国会議員すら辞めるのが筋ではないか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!