netgeek

14

【速報】蓮舫の国籍放棄許可証は本物。台湾内政部が認める

腹BLACK 2017年7月20日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

不審な点が散見された蓮舫の国籍放棄許可証について台湾内政部(中華民国内政部)がメディアの取材に対し本物だと証言した。

現在、海外のYahoo!新聞に三立新聞網の記事が掲載されている。

参考:蓮舫偽造放棄國籍許可證?內政部證實

内容をかいつまんで紹介したい。

記事ではまず蓮舫の国籍放棄許可証に偽物疑惑が浮上していると日本の騒動を紹介。批評家の池田信夫氏が疑いの目を向けていることや書式の違い、通常2ヶ月かかる発行が10日ほどで終わったこと、西暦が書かれていることが奇妙に思えると触れられた。

三立新聞網が内政部に文書の真偽を確認したところ、内政部の広報担当者は「偽造ではなく内務省が発行した国籍放棄許可証だ」と回答した。

以上が記事の内容だ。

蓮舫の国籍放棄許可証には怪しいところが7つもあるとまとめられていた。

使われている写真は選挙ポスター用写真の転用で斜め向きであり、なんだか不自然に浮いているようにも見えたが、内政部が許可したのなら何も文句はあるまい。最後まで戸籍謄本を公開しなかった蓮舫に不満は残るものの、内政部の証言は受け止めたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (14)

  1. 蓮舫のやってることはいろいろ怪しいけど、なんの確証もなしにうそつき扱いしてたnetgeekと応援団は反省しろよ

     
  2. うわ・・・遂に反日工作員が自前でフェイクニュースの発信サイトを立ち上げやがった

     
  3. 内政部の公式発表じゃないんだよあ。蓮舫の許可書だけフォーマットが10年前のものになってる理由はよ!

     
  4. 本物なら、何で葉さん(部長)の名前の下に、彼の直筆サインが入ってないんだよ。
    サインが入ってない書類は有効でない証拠です。

     
  5. netgeek編集部からも台湾政府に蓮舫の証明書の七つの疑問点についての質問を行ってほしい。

     
  6. 拡大すると「中華民国105年(2016)09月13日」と読める。これはおかしい。台湾政府のウェブサイトでは、次のように「民国105年10月17日に内政部で審査が終わって外交部に送った」と書かれていたからだ。

    この記録は昨年12月17日に抹消され、「謝蓮舫」の台湾IDも削除された。「申請者は書類を受け取った後サイトの資料が削除された」と書かれているので、蓮舫側が証明書を受け取ったのは12月17日以降である。3ヶ月も遡及して9月13日に許可書を出すことは、台湾政府が公的データを改竄した疑いがある。

    ああ。
    蓮舫の忖度で中華サイドが動いたのかwwwwwwwwwwww
    あほかwwwwwwwwwwwwww
    法治国家じゃねーよな、流石中共、独裁国家よ

     
  7. この記事書いてるのは台湾の中国系新聞で
    日本で言えば反日の朝日新聞だから信用できないぞ
    レンホウの子供の生年月日と名前で調べれば出てくるかもなwww

     
  8. 濃い色の周りにアンシャープマスクのような処理をすると黒いインクの淵が白く浮き出る事はある。
    その証拠に下の文字の黒い部分の淵にも白い線が出てるよ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!