netgeek

0

小籔「蓮舫は差別被害者のふりをして『差別はなくしたい』とジャンヌ・ダルク気取り。おかしい」

腹BLACK 2017年7月19日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

民進党の蓮舫代表の記者会見で納得した国民は少ない。結局、戸籍謄本は公開されず、蓮舫は都合のいい部分のみを見せただけ。お笑いタレントの小籔千豊は、蓮舫が差別被害者代表のふりをして上っ面のいいことを言っていると批判した。

小籔「蓮舫おかしいよね」

小籔「二重国籍ということで問題になったときに『悪いことしているんじゃないか?』とみんなが疑いの目をもった。蓮舫が最終的に被害者面して『差別はなくしたい』とか英雄みたいなコメントしてるのは『今言うことなのかな?』という感じがしました。『私が悪い』という話を変えて、『私は!』ってジャンヌ・ダルク的な話に…。ちょっと違ってくると思います」

記者会見でみられた蓮舫の問題のシーンを確認してみよう。

蓮舫「多様性の象徴でもある私が自らの経験をもって差別を助長することのない社会、多様性を認め合う共生社会を民進党代表として創っていきたいということを最後に強く申し上げたいと思います」

二重国籍疑惑について散々嘘の説明をした挙句、最後まで国民を騙そうとした蓮舫がなぜここにきて英雄気取りなのか。自分は差別の被害にあって正義のために戦っているという雰囲気で会見しているのは奇妙に思える。問題の本質は差別ではなく、日本の政治家として資格があるのかどうか確認することなのに、これは完全に論点のすり替えだ。

小籔が違和感を覚えたと批判するのも無理はない。「ジャンヌ・ダルク気取り」という表現はもっともだろう。

会見中、蓮舫は記者から「他の議員に同じような国籍問題が浮上したら潔白を証明すべきだと思いますか?」と質問され、「はいそうだと思います」と答えた。これは「開示は私で最後にしてもらいたい」という発言と矛盾しており、蓮舫の薄っぺらい正義が顕になった結果といえよう。状況に応じて都合がいいことを言っているだけなので矛盾が生じるのだ。

蓮舫の二重国籍騒動を無免許運転に例えた比喩。

蓮舫は過去にメディアの取材に対し、散々「台湾籍なんです」「在日の中国国籍の者として」などとアピールしておきながら政治家になってから急に「籍が残っていたとは知らなかった」と嘘をついた。記者会見でも引き続き知らなかったふりをしてタレント時代の発言についてツッコまれると「タレントとしてアイデンティティを出すために言っただけ」と意味不明な説明を行った。

手続きに間違いがあったのなら素直に謝罪すればいいのに、変にごねるからこうなる。蓮舫は政治家として誠実さが足りておらず、信用できない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!