netgeek

3

安倍総理の論破&煽り攻撃が痛快すぎて気持ちがいい

腹BLACK 2017年6月6日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

民進党の宮崎岳志議員が加計学園問題に絡めて安倍総理を攻撃しようとするも、全て反撃されてしまう。そんな様子をお伝えしたい。

安倍総理の端的な論破と煽りが気持ちいい。

(1)まず民進党の宮崎岳志議員が「加計学園の加計理事長と安倍総理は友人関係にある」と指摘。さらに昭恵夫人がFacebookにアップした「クリスマスイブ。男たちの悪巧み…(?)」という写真を持ち出して、これが何よりの証拠だと指摘した。

(2)しかし安倍総理は極めて正論で言い返す。その通りでしかない。

(3)さらに煽りを追加。半笑いで相手を小馬鹿にしながらおちょくる。

加計学園についてはそもそも地元が獣医師不足に苦しんできたという事情があり、獣医学部の設置は確かなニーズがあるものだった。前知事が証言した通り、民主党政権のときも話を進めてきたプロジェクトなので安倍総理の癒着でプロジェクトが決まったと結論を下すのは間違っている。

構図は森友学園問題のときと同じで、民進党が妄想を膨らませていちゃもんをつけているだけ。国民はこんな生産性のない国会のやりとりにうんざりしている。

動画。

後ろで爆笑する麻生太郎議員がいい味を出している。全くやましいことがない安倍総理は堂々と答弁しており、民進党が劣勢に立たされていることは明らか。大体、加計学園の獣医学部設置には違法性がないのだ。そんなものを時間をかけて追及してどうする。

肝心の地元民は長年切望していた獣医学部が民進党のせいで中止になろうとしていて怒りを感じている。

なお、宮崎岳志議員は最後に安倍総理に文句を言ったがこれも打ち返された。

煽りモードに入った安倍総理と必死で笑いを堪える麻生太郎議員の2ショットが面白い。

民進党は安倍総理と加計理事長が癒着していると批判する前に、玉木雄一郎議員と獣医師会の癒着を調べるべきだ。そこにはとんでもないブーメランが隠されている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 論破なんてどうでも良いんだよ。
    メールに関わっている(黒塗りの受取人)役人と玉木議員などを証人喚問して全部表に出せば済む話だ。
    それをしない自民党には一部知られたく無い部分があるのだろうと思われても仕方ないし、全く説得力が無い。

    なぜnetgeekはそこを書かないの?

     
  2. 説得力がないように見えるのはアホだけやろ
    民進党は国家戦略特区廃止法案出すとかさすがに狂ってる

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!