netgeek

0

どん兵衛ハウスの雛たち、いよいよ巣立ちの季節に

腹BLACK 2017年6月1日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

カップ麺のどん兵衛を巣にしているツバメの雛たちがいる。プラスチックの容器は軽量性に優れ、意外と居心地がいいようだ。

どん兵衛ハウスで育った雛たち。これは面白い光景だ。

出典:https://twitter.com/payapaya1974/status/869481925882269701

どん兵衛の下には木材がセッティングされており、頑丈な設計になっていることが分かる。このどん兵衛ハウスはビルのオーナーがつくったもの。おそらく巣が落ちてしまうハプニングなどがあって、考えた結果こうなったのだろう。

どん兵衛を家にするツバメたちはあまりにも可愛いとネット上で話題になった。ただ「天井がアスファルトのような黒色なので逆さまのように見える」という声も。確かに画像を逆さまにしてみても違和感がない。

コウモリのようにぶら下がる雛たちは大変そうだが、建物としてはこちらのほうが自然な気もしてしまう。

雛たちが成長する様子を遡って見ていってみよう。

まだ体が小さく、巣に余裕があったとき。6羽のツバメたちは口を開けて鳴き、餌をねだる。

また別のアングルから。どん兵衛のパッケージがひどく色あせている。元は赤色だったはずなのに。

まだどん兵衛の補強がされていないとき。ツバメは誰に教わるでもなく泥や枝を壁につけて巣を作成していく。自然の神秘だ。

巣の下に急にどん兵衛が出現したときツバメのお母さんは何を思っただろうか。なにはともあれ雛たちはすくすくと育ち、ついに巣立ちの季節を迎えることができた。

どん兵衛ハウスは来年も活躍するかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!