netgeek

27

今村復興大臣と偽ジャーナリストのやりとりを要約してみたらガンジーでも助走つけて殴るレベルだった

腹BLACK 2017年4月7日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今村雅弘復興大臣が自称フリージャーナリスト西中誠一郎氏の挑発に乗って激怒した件で、その前にどのような会話がなされていたのかを紹介しておきたい。

記者会見という報告と質問の場でいちゃもんをつけ続ける左翼活動家の西中誠一郎氏。相手が怒るまで執拗に文句を言う。

(1)

(2)

(3)

(4)

出典:https://twitter.com/domoboku/status/849957488602394624

正確な会話の全文は復興庁HP「今村復興大臣記者会見録」にて公開されているのでそちらを参照されたい。

注目すべきは「自己責任」という言葉を先に西中誠一郎氏が使っている点。今村復興大臣が「福島県に帰れる状況がつくれたので個々人が自分の判断で帰ればいい」と説明したところ、西中誠一郎氏は「じゃあ帰れない人はどうするんですか!判断できない人もいるんですよ!」と意味不明なことを言い、続けて「自己責任ということですか!?」と言葉を浴びせる。今村復興大臣は「それはそうだと思いますよ」と答えた。

これは明らかに誘導尋問だ。そもそも西中誠一郎氏の言う「帰れない人」というのがよく分からない。

さらに酷いのがこの後、メディアが「今村復興大臣が『避難者は自己責任』と問題発言をした」と盛大にバッシングしたこと。

テレビでは今村復興大臣が怒るシーンばかりが放送され、その前にどのようなやりとりがあったかは全然紹介されない。自称フリージャーナリストの西中誠一郎氏について詳しく調査報道したマスメディアは全然見当たらず、今や真相を知ることができるのはネット上のメディアだけ。

最も正確なのは会見の様子をYouTubeで直接見て一次情報に触れることだろう。

そこにはマスメディアが報じる偏った事実とは違う事実関係がみてとれる。海外ジャーナリストからすれば日本のマスメディアは極めてレベルが低く、もはや真実を伝えるジャーナリズム精神が全くないように感じられるという。

例えば朝のニュースでよくある新聞各紙を紹介するコーナーはジャーナリストにとって絶対的な恥。他人が調査した事実を横流しするなど仕事をサボっている証左ではないか。もし間違った情報が含まれていたら自分の信用問題にもなり得る。

今回のメディアの今村復興大臣バッシングは、日本のマスメディアが「全く調査ができない」ということを如実に裏付ける結果となった。

メディアは嘘をつく。

昔は適当な報道でも視聴者を容易に騙せたかもしれないが、インターネットが発達した現代社会では真実の情報が不特定多数の個人により発信され、なおかつSNSで即座に拡散されるようになった。だからこそネットユーザーはメディアの恣意的な報道に騙されず、情報の真贋を自分で見抜くことができるようになったのだ。

▼騒動直後、4月5日にとったアンケート。多くの人がフリージャーナリストのおかしさに気づいていた。

福島県復興のために懸命に仕事をしている今村復興大臣と、他人の仕事にケチをつけるだけの左翼活動家、どちらが正しいかは明白だろう。

しかしながら現在、ここぞとばかりに今村復興大臣の辞任を求める活動が繰り広げられている。

▼復興庁にて今村復興大臣の辞任を求める要請書を手渡す反対者たち。メディアも大勢集まっている。

▼「今村復興大臣の辞任を求めます。たった1日間で28,127筆の賛同署名が集まりました」。反対署名はもっと集まると思うが…。

▼復興庁の前ではなんと騒ぎを起こした張本人、西中誠一郎氏がスピーチしていた。

▼「自己責任」と言ったのは西中誠一郎氏なのに…。誘導尋問で引き出した言葉を既成事実に仕立て上げている。

出典:https://twitter.com/hitomi_yamamot/status/849991229555097601

今村復興大臣は全く悪くないのにメディアに一斉に叩かれている現状はあまりにも理不尽だと感じられる。NHKですら『今村復興相「帰還は自己責任」発言を撤回』とあたかも今村復興大臣が悪かったという前提で報じているのは奇妙だ。

各大手メディアは今村復興大臣の激怒シーンを何度も流す余裕があるのなら、併せてフリージャーナリスト西中誠一郎氏の正体についても伝えるのが真実を伝えるジャーナリズムではないか。

物事の本質は多面的に見ないと分からない。フリージャーナリスト西中誠一郎氏のしつこい挑発はガンジーでも助走をつけて殴るレベルだった。

あわせて読みたい→今村復興相を怒らせたフリージャーナリスト西中誠一郎のヤバイ正体

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (27)

  1. フクシマの汚染度がローマ並みというのは本当ですか?山の林の根本も田んぼ畔もきれいに除染できたのですか?本当にそうならば有り難いですがね。百姓としては信じがたい。実際には原発跡には人が近づけないのでしょうが。解体には30年の掛かるんでしょうが。

     
  2. メディア情報だけで判断するよな奴はクソでしょ。
    自分で確かめてから判断しないと、
    何事もダメよ(^^)

     
  3. そもそも、このスクリーンショットの文面は何なの?
    これがネットメディアって事?
    自己責任って言葉は記者の口から出た言葉だって言うなら、無責任って言葉は大臣の口から出ているよね?
    そもそも「ご本人の責任」って言葉は要するに自己責任と言い換えて相違ない。
    前後の経緯を正しく伝えないって言う、この記事の主張は、そっくりそのままこの記事自体にも当てはまっている。
    むしろ歪曲しているのは、この記事の冒頭のスクリーンショットの文面の方。
    こんなものは報道でも何でもないよね。

    そもそも大臣と記者のやり取りは、お互いが語る対象が食い違っているし、見当違いな主張をしているのは記者の方なのは確かだけど、この程度の変則にいちいち反応して激昂してしまう大臣にも大いに問題は有ると思う。
    辞任だなんだって騒ぐほどの内容では無いけど、場を弁えていないってのは大臣も同じことって印象しか無いな。

     
  4. 日本なんてあと数十年で中国の自治区になるんだから、メディアなんてこんなもんだろ。

     
  5. 今村大臣頑張れ
    福島へ行って 現実をみて下さい。
    どれだけのお金が流れたか?
    ニュースでは、わからないこと 沢山ありますけど。避難している人で無い 元からの、いわき市民の声を聞いてみたら?可哀想なんて言葉避難してる人に対して出ないですよ。

     
  6. 西中って記者は解除エリアと帰還困難区域ごっちゃになってるんだろうな。
    左翼()思想の人の大多数がハマってる自分の都合のいい記憶しか残らないやつなんだろうな。

     
  7. 自民党の工作員が書いた記事か??
    発言への誤解や真意は、
    受け取り側の立場によって変わるから
    個々に判断しろっ事だが、
    あの大臣の物言いと態度には、
    この男は基本的に国民を完全に
    見下した男なのだなという
    心根が見えたのが、
    この批判に繋がってんだよ。

     
  8. 実際、原発で苦しんでいる人がいるのに、未だ自民のよいしょ? これ書いた奴、顔さらせ!野郎!

     
  9. 帰れないってどこに?
    避難指示の解除されたところや、そもそも避難指示の出てないところは「帰ってOK」だって理解できないのかな?
    それでも心配だから帰りたくないって心情があるのはわかるが、それはもう本人の気持ちの問題でしかないだろうよ。
    だから帰らないのは自由だけど、その判断は自分でしてるんだから責任を他に求めるなって話。ガキじゃねぇんだから。

     
  10. こんな記事を見て鵜呑みにするような人がいるなら、メディアリテラシーを疑う。
    この会見で、復興庁は自らの存在意義を否定したようなものなのに

     
  11. こんなのが記事として発信されている時点でメディアリテラシーの崩壊を疑う余地は無いだろう。
    マスゴミと言われる所以の最たるもの。

     
  12. ネトウヨ連呼厨撲滅運動 2017年5月1日 at 8:12 PM

    こういう記事を叩く奴こそ自民党を勢い付かせていることを自覚しろよ!

     
  13. そもそもまず現状を作った政権がどこの党だったのか
    わかってて無責任だのなんだの言ってるのだろうか?

     
  14. 自民によいしょって…
    地震起こったときの政権がどこの党だったのか
    そのせいで現状が生まれてしまったことを
    わかってて言ってるのか?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!