netgeek

2

【森友学園問題】民進党・福山哲郎が三浦瑠麗に論破されてしょんぼり顔に

腹BLACK 2017年4月3日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

民進党が続けている森友学園周辺の安倍総理の疑惑追及について多くの国民が思っていることを国際政治学研究者の三浦瑠麗氏(東京大学政策ビジョン研究センター講師)がズバッと言いのけ、民進党の福山哲郎氏が困り顔になる場面が見られた。

朝まで生テレビの大注目シーン。民進党が半笑いの三浦瑠麗氏に完全論破されている。

三浦瑠麗「収賄があったのか、斡旋収賄罪が成立するのかっていう問題になるので、本当に政治家のスキャンダルにするためには総理が言った言わないの問題を超えて、誰かが不当に賄賂をもらっていたという問題にならないと追い詰めようがない。福山さんは『終わりどころがない』っておっしゃったんですけど、証拠を見つけられないし、別にこれは斡旋収賄罪じゃないですよね?」

三浦瑠麗氏はそもそも安倍総理と昭恵夫人は法的には何も悪いことをしていないという前提を確認したうえで、民進党は何がしたいのかと問いただす。その間、民進党の福山哲郎氏はうつむき気味でいじめられっ子のような弱気な表情を見せて固まったまま。

田原総一朗「寄付のときに言い出した言葉があった。なんて言葉?」

福山哲郎「忖度」

田原総一朗「忖度!?」

福山哲郎「…はい(小声)」

(スタジオから笑いが漏れる)

三浦瑠麗「忖度ですよね(笑)忖度は犯罪にならないんですよ(笑)だから私はどこを落とし所にするんですかとお聞きしたい」

これは非常に回答に詰まる問いかけだろう。なぜなら民進党は予算委員会の膨大な時間を使ったにもかかわらず、一切の収穫を得られなかったからだ。どうしたいかと言われても、もはや自分たちがどうしたらいいのか分からなくなっている状態。

そのことは民進党の小西洋之氏が「安倍総理はおろか閣僚一人も辞任に追い込めなかった。政権の支持率も非常に高い状況にある」と負け犬な投稿をしたことからも明らかだ。

国民は政治家の動きを冷静に観察している。安倍総理は、もし土地取引の不正に関わっていたら辞任するとまで発言して自らの潔白をアピールしたが、その後、蓮舫代表や玉木雄一郎氏は「安倍総理は『寄付していたら辞任する』と言った」と発言を捏造したうえで辞任に追い込もうとしている。

参考:【悲報】玉木雄一郎が安倍総理の辞任宣言を捏造してフェイクニュースを流す

仮に寄付していたとしても個人的に共鳴した団体にお金をあげても何ら違法性はないわけで、民進党が苦し紛れでいちゃもんをつける様子は本当に見苦しい。

三浦瑠麗氏に言い負かされてしまった福山哲郎氏は今頃何を思うか。最後に、自滅する民進党を風刺したかのような素晴らしいベストショットを掲載しておく。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 陳哲郎は帰化して名前を福山哲郎に改め、日本国籍を取得して日本の国会議員にまでなっているものの、やはり息を吐くように嘘を吐くDNAは変えることはできない。

     
  2. 知人の朝日新聞の購読者は前川発言だけで加戸元知事発言を全く知らなかったと驚いていた。世論調査も真実が隠され捏造された情報のもとでは茶番だ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!