netgeek

1

迷子の白鳥を家まで送ってあげた男性が超絶グッジョブ!

腹BLACK 2017年2月16日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

アイルランドのリムリックを歩いていたジャック・マクグラスさんは橋を歩いているときに、白鳥に遭遇した。

参考:Nice Guy Makes Sure Swan Gets Home Safe

これは迷子の白鳥を住処まで安全に送り返してあげた男性の話。

とても大きな白鳥は行き交う車に困惑しているようだった。こんなところまで来てもエサもなにもないのに。どうやら迷ってしまったようだ。そして交通量の多い場所で大変困っている様子。

ジャック・マクグラスさん「仕事が終わって家に帰る途中、2人のアメリカ人旅行客が白鳥を見つめていました。彼らは白鳥のために何かしてあげたかったけど、何をしたらいいか分からない状態。私はなんとかしたいと思い、とりあえず白鳥に寄り添いながらリムリック動物福祉局に電話してアドバイスを求めました」

「残念ながらリムリック動物福祉局は25マイルも離れています。白鳥は今すぐ助けが必要なのに」。そうこう考えているうちに目の前では帰宅ラッシュが始まり、目の前をビュンビュンと車が通り抜けていく。

リムリック動物福祉局のマリエ・クイークさんはこう語る。「ジャックから電話を受けました。怪我をしていないか確認した後、ジャックは親切に白鳥を川まで誘導してくれました」

ジャック・マクグラスさんは白鳥が道路を渡る準備ができていないように思えた。しばらく待った後、決心して道路を横断するよう誘導する。こうして一緒に川まで向かうことにしたのだ。白鳥はおっかなびっくりで、車の前でおどおどしていた。

ジャック・マクグラスさんは周囲の安全に配慮しながら優しく誘導を続ける。

難関は突破。あとは川までもう少し。ゆっくり帰れば大丈夫。並んで歩く姿はもはや親友のよう。

白鳥もジャック・マクグラスさんを信頼しているようでぴったりと並んで歩いている。全然逃げない。

川が見えたぞ。あとはこの柵をくぐればOK。

白鳥は全てを理解しているようで首を下から入れる。

高さがあって恐いのかな?下を確認。

そしてジャーンプ!

着地成功。

ジャック・マクグラスさん「一緒に並んで歩いて安全に道路を渡れるように工夫しました。それから階段を降りて、川に飛び込むまで見ていました」

一連の様子はFacebookに投稿するやいなや世界中の人たちがジャック・マクグラスさんを大絶賛し、起きる頃には今まで見たことのない数の通知が来ていた。

心温まるエピソードと素晴らしい写真が見られて幸せ。これは絶賛されるべき行動だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!