netgeek

8

スペースワールドの魚スケートリンク騒動、キタキュウマンが本質を問いかける

腹BLACK 2016年12月1日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

スペースワールドが魚を氷漬けにしたスケートリンクをつくって炎上した件ついて、福岡県北九州市のヒーロー、キタキュウマンが重要な指摘をしている。

スペースワールドが企画したのはスケートリンクに実物の魚を埋め込むというもの。

spaceworld-fish-1

文字でだけ確認すると素敵な企画のように思えるが、実際は気味が悪いだけだった。氷の下を生きている魚が泳いでいるのならまだしも、スケートリンクは魚の墓場と化していたのだ。また魚の姿が美しく見えず、可哀想にしか思えなかったことも批判の声を加速させた。

spaceworld-fish

さて、この騒動について一言物申したのがキタキュウマン。非常に的を射た指摘をしている。

spaceworld-fish-2

spaceworld-fish-3

spaceworld-fish-4

我々は魚が可哀想といいながらも一方で自分自身が不快に思う気持ちを優先させていたのではないだろうか。事実、キタキュウマンが指摘するように毛皮や革製品、食品を無駄に消費しており、もはや無意識のうちに残酷なことをしているという実態がある。

ペットについては賛否両論あるだろう。野生動物でいるよりも安全で食べ物の心配がない人間の家庭で飼われたほうが幸せという考えもある。だが、総合的にみても人間は動物の命を粗末にしすぎだ。

▼子どもたちとスケートリンクで遊ぶキタキュウマン。

spaceworld-fish5

ここでもしも動物と人間の立場が逆だったら…と考えてみよう。

human_animal1

回転寿司で魚が席に座り、流れてくる人間を品定めする、人間に無理やり食べ物を食べさせて太らせ、フォアグラをつくる、壁掛けや絨毯として人間を飾る。

参考:人間と動物の関係性を逆転させてみるとすごく残酷。これが真理だ。

果たして本当の意味でスペースワールドを非難できる人間はいるのか。一寸の虫にも五分の魂。今一度、生物の命についてよく考え直したい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (8)

  1. いや、正論じゃないでしょ!単に感覚的に不気味じゃ何がいけないのさ!毛皮がとか、食肉がとかの問題じゃない。悪趣味だって言ってるんだよ。問題を難しくすり替えるのはやめて欲しい。

     
    返信
  2. そもそも人間は、必ず何かを犠牲にしないと生きていけない。一切の罪を犯した事の無い完璧な人間なんて存在しない。その「理論上存在し得ない者」じゃなきゃ批判する資格が無い…なんて、正論じゃなくて単なるスリ替えの屁理屈。「完全な純白以外は全部黒」ってムチャクチャ言ってるキタキュウマン。

     
    返信
  3. 「お前には批判する資格がある」「お前には無い」っていう線引きをするコト自体の「資格」が、なぜ自分にはあると思っているのか。
    資格を決めるための資格が、そもそもキタキュウマンには無いでしょ。
    「オレはオレの意見言ってるだけ」っていうなら、それは批判してるヒトも同様だし。

     
    返信
  4. 感情論で語るなって言うけど、そもそも人間は、善悪を好き嫌いでしか決められない。好きなモノが善だし、嫌いなモノが悪。世界には絶対的な善悪の基準なんてない。善悪論は突き詰めると結局感情論にしかならないよ。

     
    返信
  5. 「氷の水族館」がオープンしたのは11月12日
    ネット上のまとめサイトで広まったのが11月26日
    アイススケート場休止が11月27日

    時系列でみると分かるが
    地元の客が騒いで広まったのではなく
    まとめサイトで広まって休止に追いやられている

    九州にも来たことが無いやつが勝手に騒いで
    クレームを入れまくったのが手に取るように分かる
    完全にSNSの弊害だな

     
    返信
  6. 賛否両論。

    ただ、一寸の虫にも五分の魂ということもあるので、生命の大切さを考えることも必要ですね。

     
    返信

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!