netgeek

5

SEALDs矢部真太くん、就活で苦戦して沖縄へ。琉球新報、沖縄タイムスあたりか

腹BLACK 2016年11月20日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

あれだけ世間から反感を買ったSEALDsメンバーはやはり就活で苦戦しているようだ。幹部メンバーの矢部真太(玉川大学)がなぜか沖縄で就活していることが分かった。

前回の記事:解散が決まったSEALDsのメンバー「働き口をください。助けてください」

東京在住なのになぜか沖縄で就活をしている。

sealdsshukatsu-1

沖縄タイムスや琉球新報を狙っているのかもしれない。面接時の質問にうまく答えられず、その理由をかっこよく正当化している矢部真太くん。要するに面接で落ちたということで間違いないだろう。政治的に偏った思想をもっているうえ、ネット上でSEALDsとして堂々と顔を出しているのでは就活で苦戦するのは目に見えている。

▼矢部真太くん。独特な雰囲気がある。

sealdsshukatsu-1

sealdsshukatsu-3

冒頭のツイートは現在は消されている。周囲から「沖縄タイムスか琉球新報を受けたのか」という声があがってから消されたのでビンゴなのかもしれない。無関係であれば堂々としておけばいいのだから。

解散したSEALDs。そういえば他のメンバーは今どうしているのだろうか。

(1)代表的存在だった奥田愛基は安いマクドナルドで食事していることを恥じていた。かなり貧乏な生活を送っているらしい。

sealdsshukatsu-2

(2)幹部の牛田悦正は経済が全く分かっていない発言を繰り返している。ただ単に自分の時給を上げたいから時給1,500円を希望しているだけではないか。また「安倍総理にやめてほしい」とも意見を発信している。

sealdsshukatsu-4

sealdsshukatsu-3

sealdsshukatsu-5

あれだけ多くの学生がいたのに一人も社会的に成功していないというのはまさしく偏差値28の集団といったところ。就職は難しいのでせめてバイトを見つけてフリーターになるのが現実的なところなのではないだろうか。

今回、SEALDsの矢部真太くんが沖縄で就活しているのは沖縄基地反対デモに賛同したところがあるからだと思われる。

sealdsshukatsu-1

sealdsshukatsu-2

抗議活動を続ける基地反対派は秘かに政治団体の支援を受けていると言われている。実は地元民は誰も参加しておらず、他の地域から来たよそ者ばかりというのは有名になった話だ。

ドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントン氏に勝ったときは隠れトランプ支持者たちが左翼たちを批判していた。日本と全く同じことが起きているので矢部真太くんにはよく学んでほしい。

sayokuyaban-5

sayokuyaban-2

sayokuyaban-3

sayokuyaban-4

「戦争するな」と平和を叫ぶSEALDsメンバーは当の本人たちこそが野蛮で暴力的。こんな連中は誰も雇いたいとは思わないだろう。ということで、少し前まではイケイケだったSEALDs、今は仕事ナシールズになって終了。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (5)

  1. 「就活で苦戦か」って沖縄に就活に行っただけじゃん。
    記事のライターばかじゃねーの?(笑)

     
    返信

Leave a Reply 匿名 Cancel reply




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!