netgeek

3

奈良の鹿は外国人にだけノリノリで日本人には冷たい説が浮上

腹BLACK 2016年10月11日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

たくさんの人懐っこい鹿が放し飼いにされている観光名所として人気の奈良県。よく人に慣れている奈良の鹿は、実は日本人相手には愛想が悪く、外国人相手にだけノリノリで対応しているという説が浮上している。

百聞は一見にしかず。証拠画像をざっと見ていってほしい。

(1)ノリノリの鹿は「イエーイ!」と言わんばかりに口を開けて、はいポーズ!キラキラの目が可愛いらしい。

naradeer-6

(2)こちらのシカもばっちりカメラ目線で表情をつくっている。構図もばっちりで非常にいい写真だ。

naradeer-7

(3)なんとキスのプレゼント。女性が唇を尖らせると鹿がサービスしてくれた。SUGEEE!!!!!

naradeer-1

(4)笑ってる!通常、笑うことのできないはずの鹿が写真撮影に合わせて明らかに笑ってくれた!

naradeer-3

(5)そしてこれが問題のやけに冷たい鹿。なんじゃこりゃあああああああ!

Pic shows: Huang Qiqi with the sika deer in Nara, Japan; A viral photo has captured the moment a young woman was given a hilarious death stare by a fed up deer after she pulled out her phone to take a selfie. Huang Qiqi, the woman from Taiwan, said she was eager to "do as Romans do" when she recently visited the extremely popular Nara Park, which is in Nara City of Japanís central Nara Prefecture. The park is home to adorable sika deer (Cervus nippon), which are indigenous to East Asia and famous for the trademark spots on their bodies. Huang, who shared her selfie with friends on social media, said she crouched down next to the sika doe and prepared her mobile phone to take the picture. But afterwards she could not help laughing at the "uncooperative" animal, which seemed not at all impressed by her selfie attempt and produced the stern stare into her camera lens. The sika, also known as the spotted deer or the Japanese deer, is now something of an internet celebrity after Huangís photo went viral with more than 10,000 likes. Thankfully, the animalís reluctance to take part in the customary selfie will not stop tourists from flooding to Nara City, which has temples and iconic artwork from the 8th century, when it was Japanís capital. Subspecies of the sika deer can also be found in Taiwan, where it is a national animal.

これまでの対応とは一転して白目をじろりと見せて恨めしく映る鹿。一体何があったのだろうか。ネット上ではこれらの写真を比較して「奈良の鹿は日本人にだけ冷たい」という新説が支持され始めていた。

しかし、実はこの写真に映っているのは台湾人のホン・キキさんで、やけに鹿の機嫌が悪い写真だとして世界中のニュースサイトで取り上げられたので見たことがあるという人も多いだろう。

参考:「自撮りしてないで鹿せんべいくれよ」って表情の鹿が見つかる

仮説を訂正するなら「奈良の鹿はアジア人に冷たい」が適切だろう。

その後、ハーフにも無愛想で冷たいという情報が寄せられた。

narashika_half

カメラを一切見ることなく完全に無視を貫く鹿はまさにシカト。目の開き具合と耳の角度でその不機嫌な感情がよく分かる。また、日本人が手を差し出したところ、異常に逃げられたという写真もアップされた。

narashika_japan

やはり奈良の鹿は西洋人が好きなのかもしれない。この現象に対してネット上では「鹿せんべいをたくさんくれるから」「珍しいから興味津々」「顔立ちが似ていて仲間と認識している」などという考察が披露された。果たして奈良の鹿は本当に外国人贔屓なのか!?結論はまだ出ていない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (3)

  1. いつも楽しく拝見しています。ありがとうございます。

    ところで記事に「たくさんの人懐っこい鹿が放し飼いにされている観光名所として人気の奈良県」とありますが、放し飼いにされているのではなく、全て野生の鹿です。しかし大事な観光資源でもあるので、鹿援護会がケガの手入れや角切り(人がケガする恐れがあるので)などを行っています。
    また、この鹿は奈良県全域にいるのではなく、奈良市の奈良公園一帯のみです(古来より春日神社の神のお使いとされています)。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!