netgeek

1

ホテルを予約するときネットだと満室だけど電話すると空室がある理由

Gil Pender 2016年8月8日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

出張や観光でホテルをネット予約するとき、シーズンによってはどのホテルも満室になっており、頭を抱えることがある。しかし、御存じだろうか。電話で予約をしたほうが、空室を見つけやすいということを。

「じゃらん」や「トリバゴ」など、ホテルをネット予約するとき便利なサイトはいくつもある。しかし、ホテル側がネット予約用に割り当てる部屋数は年々減少している。

hotel_tell (1)

「何で電話したら部屋を予約できるの?」というこのツイートに対し、ホテル関係者などから次々にリプライがあった。どうやら、日本の宿泊事情は近年大きく変化しているようだ。

hotel_tell (2)

タイムラグで重複予約されてしまった場合に備え、すべての部屋をネット予約用に提供しないとのこと。このあたりは、おそらく昔から行われていたと考えられるが、近年では別の理由によりネット予約に提供できる部屋が減っているとの指摘もあった。

hotel_tell (3)

hotel_tell (4)

なんと、海外からの予約がキャンセルされることが増え、ホテル側は苦肉の策としてネット予約用の部屋を減らしているというのだ。中国人観光客の「爆買い」という言葉が流行語にもなり、その影響はホテルにも及んでいた。

▼もちろん外国人観光客だけでなく、連絡なしキャンセルが増加傾向というのもホテルの行動に拍車をかけている。

hotel_tell (5)

▼じゃらんのHP。ある意味でホテル予約サイトも苦境ということか。

hotel_tell (7)

ここでいま一度、ホテルが予約を受け付ける仕組みを確認してみよう。

hotel_tell (6)

ホテルのしくみについて、業界に詳しいtakerunbaさんがブログで丁寧に解説している。

どこの宿泊施設も、大抵は自社の経路だけではなく、他社からの予約に頼っている面があります。
•エージェント(JTB・knt!など)
•予約サイト(じゃらん・楽天トラベルなど)
大まかに分けてこの2つ。
エージェントの場合は半期ごとに販売数と販売価格を決め、契約します。
「シングル5室を6,000円で」みたいな感じですね。
予約サイトの場合は随時サイト上から宿泊施設が設定します。販売する室数も価格も自由。

(中略)

宿泊施設はエージェントや予約サイトで部屋を販売していますが、おおもとの空室状況は自分の施設で管理しています。当たり前ですね。(中略)

空室数が少なくなったら売り止めをかける。満室にするわけですが、その場合、まずは予約サイトを止めます。予約サイトは何せWebなので、即時性が高く、急なキャンセルが出て部屋数に余裕が出た場合でも、すぐに販売できる。なのでまずはここ。

逆にエージェントというのは即時性が低いです。販売してもらうための枠をあげているわけですが、「満室になったのでもう売らないでね。枠は返してもらうよ」と、販売を停止してもらうことを「返室」と言います。文字通り部屋を返してもらうわけですね。
で、これがまためんどい。何せ代理店契約ですから(中略)

自社で販売している部分を満室にするのは最後。中でもWebを先に止め、最後は電話からにするのが普通。日々刻々と変化する状況に対応するには、直接やりとりする電話がもっともコントロールしやすいからです。
•予約サイト >> エージェント >> 自社(Web・メール・FAX >> 電話)

http://d.hatena.ne.jp/takerunba/20120910/p1

とても丁寧に解説してくださっているので、詳細はブログをご覧いただきたい。端的にまとめると、管理のしやすさという面から、満室にするのが最後になる「電話予約」がやはり最強のようだ。ただし価格の面では、ネット予約のほうが安くなるケースが多いので、余裕のある時はそちらを勧めている。

▼なお、直接ホテルに出向く「ウォークイン」は最悪とのことだ。

宿泊施設的には、ウォークインのお客様は怪しむ対象であって、警戒相手。満室が近い場合は、たとえ空室があっても「満室です」と言われる可能性が高いし、ちょっとでも怪しい素振りのある人は、空室だらけでも断ります。リスクを負う必要などないので。
また、料金的にも定価を請求される場合が多いので、損です。足元を見られる可能性が高い。

http://d.hatena.ne.jp/takerunba/20120910/p1

ホテルの仕組みをリサーチしてみると、予約をとるという意味では「電話予約」が最強だった。そして、最近では外国人宿泊客のキャンセル連発の影響で、ますますその傾向が強まっている。出張の多いサラリーマンの皆さんには、このあたりを参考にホテル予約を行っていただきたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (1)

  1. 何を今更。
    ホテルの公式HPで確認するのが普通。
    公式HP用に安いプランが用意されてたり、公式HPからの予約特典や、他で空きがない場合に、公式HPから確認すれば空きがあるのが普通。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!