netgeek

9

シン・ゴジラが映画関係者から大不評。邦画不振の原因はここにあった

Gil Pender 2016年8月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

久々に邦画で大ヒット中の「シン・ゴジラ」。映画評価サイトなどでの評判もいいが、関係者向けの試写会では酷評されていたことが分かった。この事態に、「映画関係者の見る目のなさが邦画不振を引き起こしている原因では?」との声が上がり始めている。

東宝の関係者から「試写会での評判が悪かった」とのこぼれ話がツイートされた。

shin_godzila(15)

shin_godzila(14)

▼大ヒットしている現状を見ると、邦画不振の原因は映画関係者にあるのではと思いたくなる。

shin_godzila (1)

このツイートに対し、最近の邦画に不満を持っている人たちから多くの共感が集まった。

shin_godzila (5)

shin_godzila (3)

shin_godzila (4)

また、久々のゴジラ新作ということで、感慨深さを噛みしめる人も。

shin_godzila(17)

shin_godzila (7)

shin_godzila (9)

▼ちなみに、「シン・ゴジラ」の公式HPはこんな感じ。シンプルだが、すごくかっこいい。

shin_godzila(16)

さらに、シン・ゴジラの身長が118.5メートルということで、120メートルの牛久大仏と並べてみる人も現れた!

shin_godzila (2)

shin_godzila (6)

牛久大仏のヒーロー感がすごい。このコラージュ画像に対し、さらに加工して「シン・ゴジラVS牛久大仏」を演出する人が続出した。

shin_godzila(10)

shin_godzila(11)

shin_godzila(12)

shin_godzila(13)

今回、「シン・ゴジラ」の監督を務めたのは、「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督だ。アニメ業界からの参戦とあって、映画界に新風が吹きこんだことだろう。イケメン俳優とアイドル女優を使い、恋愛要素を盛り込んだだけの映画でなく、骨太な作品を国民は見たがっている。そのことを、映画関係者の面々には理解していただきたいものだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (9)

  1. 僕も近い職だけどここ数年の邦画でダントツで面白かったけどな
    ハリウッド映画にも引けを取らないレベル
    無能トラブルメーカーが進めるシナリオや愛と絆やお涙に頼らず淡々と仕事を進める様や
    悪目立ちしない俳優陣
    惰性と現場の判断で撮られてる近年の邦画と比べてアニメで鍛えられた絵作りや大胆なカッティングが実に斬新

    映画関係者・・・否定したいのはやはりアニメ出身監督な所か、業界人の自己肯定や政治的な信条と言った所なんじゃないですかねぇ

     
  2. 襲ってきたのがゴジラじゃなくて使徒で、タイトルも「エヴァンゲリオン0」とかだったら誰しもが幸せだったはず。

     
  3. まず、不評の出所がそのツイートのみってのがなあ…
    それがまず信じがたいんだけど…

     
  4. そもそも庵野がどれだけ映画を観て影響受けてるかも知らねえんだろ。
    下らない対立煽って何がしたいのか、頭悪すぎ。

     
  5. Twitterをスクショで使うのは規約違反だし引用要件守ってないただのパクリなんだが?
    この記事は著作権を完全に無視してる要通報案件。

     
  6. 試写会で不評をあげた関係者を使わなければ、いい映画が出来るということだな。

    私としてはこんなに映画館が混んでるのは久しぶり

     
  7. 正直な感想は、期待外れ。工ヴァンゲリオンの描写の仕方が理解できないと面白くないと思う。小中学生が夏休みに楽しめる映画ではない。CGに頼り過ぎなのと登場人物が多くてその上各キャラが薄くドラマがない、故か日本人の俳優同士の会話なのに字幕が多い、随所でエヴァ要素が出てくる。斬新は斬新だけどなんか違う気がする。

     

Leave a Reply 匿名 Cancel reply




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!