netgeek

0

twitterBOTが簡単に作れる「劣化コピー」を試してみた

腹BLACK 2014年3月22日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

せこせこと自分で投稿しなくても、自動でつぶやいてくれるtwitterのBOT(ボット)があれば…と思ったことはないだろうか。フォロワーを増やしたいときなど、BOTがあれば便利なのは分かるが、問題は作り方が分からないこと。難しいプログラミングが必要なのだろうか。

mig

しかし、そんな心配は必要無用!簡単にボットをつくるサービス「劣化コピー」というものがあるのだ。

劣化コピー
http://rekkacopy.com/

「劣化」と入れているあたり、ネーミングが自虐的で面白いではないか。こちらは過去のツイートを参考にして自動的に文章を投稿してくれるサービス。

netgeekではその使い勝手を確かめるべく、実際に使ってみた。

1 twitterで事前に取得したアカウントIDを入れる。ここではnetgeekの前身となったウェブサイト「ヤバイ世界」のアカウントを使用した。

yabarekka

2 すると、「Tweetを作成しています」と出た。過去のログを分析するのに少し時間がかかる模様

yabarekka2

3 ボットがつぶやく言葉のリストが表示される…はずだが、なぜか空白になってしまった。

yabarekka3

原因はおそらく、使ったアカウントがライブドアブログの記事タイトルとURLしか呟いていなかったからだと考えられる。普通のアカウントだとうまくいくのでは。とりあえず、このまま進めてみよう。

4 認証画面へ

yabarekka4

5 認証が終わると、設定画面へ。

yabarekka5

・ボットによる Tweet 間隔30分~24時間
・前に付ける文字列
・後ろに付ける文字列

以上の3つが設定できるようになっている。

6 さて、BOTがつぶやいたツイートはこちら。あーやっぱり文章のところがうまくいっていなかったか。

twitterにてrekkacopy.comで検索すると、BOTがつぶやいたツイートが見つかるのでいくつか貼っておこう。

 

 

 

こっ…これは!?意味不明な文章!?名前通り劣化している…。

文章作成の精度はそれほど高くないものの、自動的につぶやく機能はばっちり使えるようだ。

twitterを放置アカウントにするのが怖い場合はこのBOT、「劣化コピー」を使ってみてはいかがだろうか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!