netgeek

7

「落選した1万4千もの五輪エンブレム案がブラックボックス化で隠されているのはおかしい」 キングコング西野が「負けエンブレム展」を自腹で開催

腹BLACK 2016年4月12日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

お笑い芸人キングコング西野亮廣氏が自腹を切って非公式の落選五輪エンブレム審査会を開くと発表した。

題して「負けエンブレム展」。実はこれより前、西野亮廣氏は公式のエンブレム審査に応募していたが、残念ながら落選していた。

emblem_nishino (1)

しかし、その後公開された蝶のエンブレムを見ると、そのデザイン性は非常に高く、一般からの評判は「残った4候補よりも断トツでいい」「これにしたい!」というものだった。それだけにエンブレム審査委員会はどのような基準で審査しているのか疑う気持ちが出てきたのもまた確かだ。

▼発表された4候補。最も人気なのは朝顔のデザインだが、どれもいまいちという印象は否めない。

emblem_four7

納得がいかない落選を味わった西野亮廣氏は一つのアイデアを思いついた。落選したエンブレムをもう一度集めて非公式に審査を開いてみてはどうか?

makeemblem (1)

思い立ったら即行動するのが素晴らしいところ。西野亮廣氏は早速、FacebookとTwitter、ブログで「負けエンブレム展」を開くと告知し、「大賞」「審査員特別賞」「優秀賞」を選ぶと発表した。なお、大賞には西野亮廣氏の自腹で賞金10万円が贈られる。

もともと五輪エンブレムには1万4599通もの応募があった。しかし、落選したデザインが公開されないのでは透明性がない。

makeemblem (2)

本来であればみんなのオリンピックなのだからウェブ上ですべての応募作品を公開し、投票できるシステムにするべきだった。それを自称デザインのプロが利権を握って選ぼうとするから金の匂いを嗅ぎつけた汚い大人たちが談合に手を染める。佐野研二郎氏のときにもうこのやり方では無理だと分かったので、今回はそもそも根底から方法を変えるべきだった。

この点について西野亮廣氏も同じ考えを抱いているようで、ブログでは盛大に審査委員に対する不信感を露わにした。

makeemblem

「選ばれた4作品は無難なデザインでつまらない」「落選した作品の中に素晴らしいものがあったのでは?」「落選デザインがブラックボックス化されているのはおかしい」などと批判したのだ。日本国民誰もが思っていたことを代弁してくれて嬉しい。

さて、応募方法は西野亮廣氏のFacebookに友達申請をしたうえで、ダイレクトメッセージで申し込み。応募方法の詳細はブログ記事をご覧あれ。負けエンブレムの審査は西野亮廣氏が独断で選び、本家エンブレムの発表日より後の25日に発表会を行う。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. …情け無いと思わないのかねこの人。
    要は落選してくやしぃ〜!なんでオレのが〜!って言ってるだけじゃん。
    あと審査は西野の独断ってトコにツッコめよw

    それはともかく、「自称デザインのプロ」という文章から漂う低知能、無教養臭。
    審査員が誰かも知らないのか。公式HP見りゃわかるだろ、「自称ギークなメディア」さんよ。

     
  2. 一般からの評判は「4候補よりもダントツでいい」、「これにしたい!」というものだった。

    …いや、オマエが言ってるだけじゃん。何世間一般の総意を騙ってんの?

     
  3. 自分が審査に見事に落ちて、悔し紛れに最終候補まで残った作品をもっともらしく貶してるのはどうなの?

    負けエンブレム展も落選展と考えれば聞こえはいいけど、主催者や観る側の質を考えると才能ある本業者やギリ落選組が参加するか甚だ疑問。

    結局派手なイラストや具象物が最高と思ってるバカが妙なのを絶賛して、正規エンブレムを叩いて西野マンセーを連呼する。
    そしてnetgeekが
    「負けエンブレム大賞作品が大絶賛の嵐!!
    これでデザインのプロが如何に世間と乖離し、無駄な金とプロセスを踏んでいるかが証明された」
    みたいなクソ記事を書き上げる。
    そんな未来がありありと見えるわ。

    恐らく「ピカソの作品(仮にピカソと知らないとして)」と「そこらにいるイラストレーターのリアルで分かりやすい絵」をネット投票したら後者が勝つだろ。
    それと良く似た図になると思う。
    (ホントは全然違うけど、今回の件を煽って喜ぶ連中はそこまで考えないと思う)

     
  4. 君のは デザインじゃなくて
    蝶々の 型を デザインしただけだよ

    デザインじゃないよね
    (*^_^*)

     
  5. これはひどい。少なくとも選考に出た4作品を貶す姿勢がまず不快。オリンピックを共に盛り上げようと言う姿勢もなくさらに不快。
    デザインとアートの違いも理解できてなく、かつこんな比率も変に縦長で汚く、マージンの取り方も規則性がなく、且つシェイプでマスクしただけの初めてグラフィックソフトを使った人がやるようなグラフィックデザイン。
    蝶にしても、日本の国蝶ならまだしも、他国のほうがしっくり来る蝶種で、且つ虫嫌いの人なんているわけないと思ってるのか昆虫採用。そしてこれはあまり無いがちょうちょってスペイン語で隠語だった気がする。スワヒリ語でも不浄系だったような気がするし。

     
  6. すばらしいアイディアですね!まだ日の目を見ないデザイナーさんや、デザイナーのたまご発掘には最高な案です。
    これをきっかけに、世に出る機会を得られる方もいらっしゃるでしょう☆どこかの会社から、ロゴなど頼まれる方も出るかも。
    楽しみです。というか、そういった発想をした方が今までいなかったのが不思議です。
    はっきり言って、西野さんの選ぶ作品は、あくまで『西野さんの選んだ作品』でしかない。五輪で使うわけでもないのに、どうしてみんな叩くのかなぁ?西野さんが金を出すんだから、それは西野賞で良いと思う。
    不満のある方、賞金とか出して、自分賞作られてはどうですか?
    それより、ボツになったものに再び注目させ、それを我々が見る機会があったら面白いじゃないですか。皆さんも選んでみては?自分ならこれかな?で、いいじゃないですか。
    純粋な楽しさが、見いだせないものですかねぇ…

     
  7. 西野ファンじゃないですが日本のデザイン業界に多大なる疑問と違和感を感じるものです。 貴殿は肩書ある人にはひれ伏すタイプですか?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!