netgeek

2

【炎上】自民党が提出したTPP会合資料が真っ黒。これでどうやって審議しろと言うのだ!

cocodepink 2016年4月7日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

4月5日、自民党から甘利元大臣とフロマン代表のTPP交渉過程についての資料が提出された。しかし肝心の資料がほとんど黒く塗りつぶされている状態で、有意義な審議ができる状態ではないという。

問題になっている資料は、民進党が甘利元大臣とフロマン米通商代表部代表との会談内容の開示を求めたもの。TPPについては未だに十分な情報開示がされているとは言いがたい。政府側はあくまでも情報は隠す、追求があれば逃げるという姿勢を貫く姿勢なのだろうか。

▼資料の内容のほとんどが黒く塗りつぶされており審議できる状況じゃない!

tpp_kuronuri7

▼与党からは意義のある議論をする姿勢が感じられないという指摘。

tpp_kuronuri11

▼「作ってない」→「黒塗りでも出せない」→ほとんど黒塗りだらけの資料を提出。

tpp_kuronuri12

▼交渉にあたった甘利元大臣に国会できっちり説明して頂きたい。

tpp_kuronuri10

▼TPP交渉によりメリット・デメリットを明確にしないから有益な議論が盛り上がらない。こんな状態では国民からの理解も得られまい。

tpp_kuronuri9

多くの利害が絡むTPP交渉では、政府は論点を歪曲なほどに単純化し、秘密裏に交渉を進めようとしている。経済協定は本来、政治的・経済的メリットとデメリットを比較した上で判断する必要があるはずだ。ここまで情報が公開されていない状態では国民が正しい判断ができるはずがない。TPPの全貌を国民が知る事が出来る日は一体いつになるのだろうか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 馬鹿の書く記事は笑える。

    外交交渉の資料は相手国がいてしかも非公開の約束もしているはず。
    日本だけが公開できるはずがない。そんなの素人が考えても理解できる。これが理解できないなんて常識がなさすぎる。
    もし一方的に公開なんてしたら日本の信用は失墜することとなる。それこそ国民の利益にならないでしょう。分からないんですかね。

    いや当然分かっているでしょう。それを分かっていながら黒塗りの資料を提出させて、「政府は隠し事をしているぞ」という印象を植え付けようとしようとしているのです。

    この記事を書いた奴も大騒ぎしている輩も、結局は現政権にイチャモンを付けたいだけ。くだらない輩共だね。

     
  2. 合意文書と法案をまず精査して、議論を積んでからプロセスの適否に入るのが常道だと考えるが?全ての法案について審議会なりの議事録読み込んでるのか?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!