netgeek

0

堀江貴文「僕の新刊出ました。え~これはどんな本なんだろう…あっ」

腹BLACK 2015年12月25日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

堀江貴文氏がYouTube番組「ホリエモンチャンネル」にて、自身の新刊を紹介する際に視聴者に「えっ?」と思わせてしまう一幕があったので紹介したい。

その日のゲストは「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」が大ヒットした岩崎夏海氏。

iwasakinatumi_horie

12/5に「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら」を出版したとして宣伝も兼ねてホリエモンチャンネルを訪れていた。今回の略称は「もしイノ」でいくらしい。楽しい話で盛り上がる中、収録時間がなくなっていき最後にホリエモンが新刊を宣伝しようとする。

堀江貴文「俺の本もいい?」

iwasakinatumi_horie1

寺田有希「新刊が出たんですね。堀江さん」

堀江貴文「いつの間にか出てました」

寺田有希「いつの間にか出てました…?」

堀江貴文「本音で生きる」

horiemon_honnedeikiru

寺田有希「これはどういう本なんですか?」

堀江貴文「これは、何の本なんですかねぇ~」

寺田有希「嘘でしょ!書いたんでしょ!」

一体どういうことなのか。もしかして出版社の人がゴーストライターとなって勝手に書いてくれたのだろうか。いや、しかし…。いつも結論をズバッと先に言ってしまい、誤解されることの多いホリエモンだけに何か事情があるのかもしれない。

ざわめく周囲に気づいてホリエモンは説明を始める。「本ってみんな、自分で書いてるわけじゃないからね」

iwasakinatumi_horie2

「半分以上、大体はインタビュー本だからね。これ(本音で生きる)はインタビュー本ですから。別に僕は隠さないですから。僕の考え方が全部書いてありますから」。どうやら本の執筆にあたってはホリエモンの言葉をライターさんが文章に書き起こしたらしく、どのようにまとまっているのか把握していなかったようだ。その結果が「これは、何の本なんですかねぇ~」という言葉に繋がった。

しかし、それにしても少しイメージが悪くなるインタビュー本であることを隠さないで正直に言ってしまうあたり、ホリエモンの生き方は気持ちがいい。これも本音で生きるということか。

動画では3:00から新刊の話になる。

https://youtu.be/sxvthWEhyIA

新刊「本音で生きる」は周囲からの目を気にせず、言いたいことをズバリと言ってのけるホリエモンがその生き方の良さを伝える熱い内容となっている。日本人らしからぬ、豪快でアグレッシブなホリエモンの思考メカニズムが垣間見えるオススメの一冊だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!