netgeek

0

【炎上】レッドブルとモンスターエナジーがTwitterで皮肉合戦を開始。勝ったのはどっちだ!?

Gil Pender 2015年12月17日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

世界的に有名な企業2社がTwitterで挑発合戦を繰り広げている。その2社とはレッドブルとモンスターエナジー。言うまでもなく両社は世界中で人気を博しているエナジードリンクメーカーであり、今回先に挑発を始めたのはレッドブルのほう。果たして、戦いの行方はどうなったのだろうか。

12/8、モンスターエナジーの公式アカウントは何気ない投稿をして自社製品を宣伝していた。

▼モンスターエナジー「我々はこれ(モンスターエナジーの商品)をどこに届けたら良いの?」

1216monster_redbull5

1216monster_redbull4

日本ではなかなか見かけないパッケージのモンスターエナジー…。実は、この写真に写っている商品はどれも日本では発売されていない。そんな話はさて置き、投稿にはモンスターエナジーの愛好者達から「俺の家に送ってくれ」「郵便ボックス空けておいたぞ」などとコメントが殺到していた。

しかし、そんな中レッドブルは、和気あいあいとした雰囲気に水を差すような最低な画像をモンスターエナジーに送りつけた。なんじゃこりゃああああ

1216monster_redbull3

1216monster_redbull2

レッドブルが送ったのはゴミ箱の画像。つまり、「モンスターエナジーをゴミ箱に届けろ」という意味であり、つまり「モンスターエナジーはゴミみたいな商品」だと言いたいのだろう。モンスターエナジーは何も悪いことをしていないのに酷いことを言われたものだ。

こうして一方的に挑発行為を始めたレッドブル。だがこの後、モンスターエナジーから一枚上手の返しをされて黙り込むことになる。

▼モンスターエナジー「ごめんな。お前の家には送れないよ。」

1216monster_redbull1

これに対し、レッドブルは上手い返しが浮かばなかったのかこの投稿には返信をしていない。ネット上はモンスターエナジーのクールな切り返しに大いに盛り上がった。

ちなみに、コカ・コーラの公式アカウントもモンスターエナジーの投稿にコメントを寄せていた。

▼コカ・コーラ「我々はあなたを家族の一員に迎え入れる余裕がある。」

1216monster_redbull6

1216monster_redbull7

「モンスターエナジーはコカ・コーラの商品として売りだしたいほどの良い商品」という意味だろうか。流石、100年以上世界中で愛されている飲料メーカーらしい投稿だ。同業他社へのリスペクトを忘れていない。

さて話を戻すと、今回、レッドブルとモンスターエナジーは両社のe-sports公式アカウントで煽り合いをしていた。

1216monster_redbull8

e-sportsは試合前や試合中に相手を挑発していかに相手の心理を揺さぶれるかが勝敗を大きく左右するスポーツだ。(参考:RedBull)レッドブルとモンスターエナジーの挑発合戦はその延長線上の出来事であって、本気で互いを誹謗中傷をしていたわけではなさそう。ずいぶんとマーケティングがお上手なようだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!