netgeek

0

水族館のウニは栗と入れ替えても全然気づかれないことが判明

腹BLACK 2015年12月15日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

我々は普段、固定観念に縛られすぎて目の前のものを疑う気持ちを忘れているのかもしれない。TV局が行った面白い実験で意外な結果が出たと注目が集まっている。

その実験というのがこちら!水族館のウニを栗にすり替えて気づかれないか試してみるというもの!

uni_kuri (1)

なんだこの実験は…。ルールは開館から閉館までの8時間において誰にも栗だと指摘されなければセーフ。新説「ウニは栗とすり替えられても気付かれない」が成立することになる。

さて、水の中に入った栗を見て、お客さんはどうリアクションするのか。

uni_kuri (2)

完全にウニと思い込んでいる。意外と気づかないものなのだ。ここで改めてウニの姿形を思い出してほしい。丸くてトゲトゲしている点こそ共通しているものの、見た目は全然別物なのだが…。

▼念の為にウニの画像を載せておこう。こうして見ると完全に違う見た目。

SANYO DIGITAL CAMERA

しかし、次から次へと現れるお客さんは一向に異変に気づかない。

uni_kuri (3)

もはや「そういう種類のウニ」と思い込んでしまっているようだ。誰か早く気づいてほしい…。それはウニじゃない…。栗なんだ…。みんながドキドキして見守る中、実験は続行されていく。

と、ここで非常に惜しい発言をする人が登場。

uni_kuri (4)

この人は鋭い鑑識眼をお持ちのようだ。しかし、あと一歩踏み込むことができなかった。

▼そして、最終的には意外にも子供のほうが気づくということが分かった。

kuriuni

頭が固くなってしまった大人は案外子供より柔軟性がなく、どこか抜けているのかもしれない。まるでアンデルセンの童話「裸の王様」を彷彿とさせる結果だ。童話では、みんなが見栄をはったため目の前の異常事態を信じこもうとし、集団催眠にかかってしまった。

今回は水族館だったから害はなかったものの、我々消費者は普段から企業の巧みなマーケティングに騙され操られている側面があるかもしれない。思い込みとは実に恐ろしいものだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!