netgeek

27

【速報】「小保方晴子さんのSTAP細胞あった!アメリカの研究者が見つけてネイチャーで発表」というデマが流れる

腹BLACK 2015年12月12日
 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter2Share on Google+64

一時はノーベル賞間違いなしと言われたのも今では嘘のような出来事だったように思える小保方晴子さんの幻のSTAP細胞について、「アメリカの研究者がSTAP細胞の存在を確認し、論文を公開した」というガセ情報が流れている。

なぜ誤報が拡散されているのか。順を追って説明しよう。まずあるFacebookユーザーが小保方晴子さんのSTAP細胞が見つかったという論文の翻訳を投稿し、「やっぱりアメリカに手柄を横取りされると思ってました!」と怒り露わに綴った。

obokata_stap_nature

この投稿は以前からどうしても小保方さんが嘘をついているようには見えないと主張していた人たちの心を打ち、物凄い勢いでシェアされ始めた。この記事を執筆中の段階では3,753シェアもされており、現在も拡散中。コメントには「やっぱり信じてたよ!」「あったのか」「小保方さんすげえじゃん」などと妄信している書き込みが目立つ。

しかし、急に「やっぱりあった」と言われてもにわかには信じられない。疑い深いnetgeek編集部では一次ソースを確認すべく、論文を読み解いていった。

obokata_stap_nature1

参考:Characterization of an Injury Induced Population of Muscle-Derived Stem Cell-Like Cells

その結果、驚くべきことに論文では「STAP細胞が見つかった」とは一言も書かれておらず、そればかりかむしろ小保方さんがSTAP細胞の存在を証明できなかったことをさらりと触れているだけであることが明らかになった。論文で発表されているのは「筋細胞を傷つけるとリプログラミングされてiMuSCs細胞のような幹細胞が増える」という内容で、そもそもSTAP細胞に焦点を当てたものではない。少しでも目を通せば見抜けるガセだったのだ。

▼論文の末尾に引用元として「13.Obokata」の名前が確認できる。小保方さんの論文を参考にしたという注記だ。

obokata_stap_nature3

▼13には何と書いてあるかというと、「成熟組織における多能性様細胞の存在は長い間、議論されている。なぜなら、様々な集団から一貫性のない結果が報告されているからだ。しかしながら、いずれも多能性細胞が異なる幹細胞から出来上がると証明した研究はない」

obokata_stap_nature2

要するに、この論文の筆者は「万能細胞について知りたくて小保方さんの論文を読んだけど、STAP細胞の存在は証明できていないよね」と言っているだけで、決して弱酸性の液に浸せば機能がリセットされて万能性を持つSTAP細胞の存在を証明したわけではない。

さて、その後調査を進めると、冒頭のFacebookに投稿したユーザーはブログ「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」の記事をコピペしただけということが分かった。ここが情報の発信源だったのだ。

obokata_stap_nature4

参考:小保方晴子さんの発見は真実だった!ネイチャーにマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました。

このブログは以前から小保方さんは正しいという前提に立って手のひらを返したマスコミなどを叩いていた。その不自然な擁護はあまりにも違和感を覚えさせるもので「小保方さん本人が運営しているのでは?」「身内がやっているに違いない」という噂も立ったほどだ。

今回の誤情報の拡散について、一部の有識者はすでに完全なガセであることに気づいており、TwitterやFacebook等で騙されないようにと注意喚起を呼びかけている。あなたの身の回りの人にも正しい情報を教えてあげて欲しい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (27)

  1. (´・ω・`) 2015年12月13日 at 12:12 AM

    この記事のひどい誘導に胃液が出そうです。なぜ引用しているDisccussionの次の部分を掲載しないのですか?
    「In this study we reveal that cellular reprogramming can be initiated by the strong stimuli that occurs when skeletal muscle is injured」
    「今回の研究で強い刺激で細胞の再プログラミングが始まることを明らかにした」
    とオボコさんの発見した現象と同じことを書いてあるじゃないですか。ガセはこの記事です。

     
    返信
    • 弱酸性の液に浸すわけではないから、それはSTAP細胞ではない別物。小保方のはインチキ

       
    • 同じことではないです。
      骨格筋が障害されたときに生じる強い刺激によって細胞リプログラミングが開始されうることを示したわけです。
      Abstractでも筋原性幹細胞マーカーを示すと書いてありませんか。
      だから、iMuSCsは「部分的に」リプログラムされた状態だとしているのです。
      表題にもStem Cell-‘Like”とされています。
      Stem Cellではないのです。

       
  2. デマじゃないでしょう。  In this study we reveal that cellular reprogramming can be initiated by the strong stimuli that occurs when skeletal muscle is injured. とネイチャーに書いてありますが、上の写真ではこの最も大切な1文が途中で切られてしまっていますね。 デマだ、というデマになっちゃっています。

     
    返信
  3. いやこの記事は合ってるよ。実験は筋細胞を損傷させたもので、小保方さんの弱酸性の実験とは別物。見つかったのはSTAP細胞とは言わないし、別の名前がつけられる

     
    返信
    • STAP細胞ってのはすでに分化した細胞が外部ストレスを与えられた後に、STAP現象によって再度分化可能な細胞へと変化した細胞のこと。
      筋細胞は既に分化した細胞なのでSTAP現象の定義に当てはまるよ。

       
    • 物理的な刺激で細胞を脱分化させる事は広義にはSTAP現象と言えるかも知れないとも書いてあります。STAP現象の存在可能性そのものを明確に否定している訳ではないのではないでしょうか?

      榎木さんが言いたいのはそこではなくて、タイトルにもありますがSTAP現象が仮にあったとしても小保方さんの研究不正が擁護される訳ではないという事です。逆に小保方さんが論文をねつ造したからと言って、それでSTAP現象が存在しないという事にもならないという事です。

      科学的な発見の可能性の是非が、特定の個人に対する感情やイデオロギーと混ざり合って雲りがかった非常に見通しの悪い議論になっています。期待感や失望感から距離を置いてデータのみから結論を推察する態度を忘れないようにしたいものです。

       
  4. やたらと「弱酸性の液に浸すこと」にこだわっているけど、本質はそこじゃなくて。
    「物理的なストレスで体細胞が初期化して多能性を持つ」ことだろう。
    否定派は「ストレスを与えるだけで細胞が万能化するなんてありえない」と言って小保方の研究の全てを否定してきたんだよ。

    ニュートンはリンゴが木から落ちるのを見て万有引力と名前をつけた。これはリンゴではなくて洋ナシが落ちる現象だから別の名前がつけられる。←

    別の名前がつけられる。キリッ
    ってよく真顔で言えるな。科学的発見の本質は名前ではない。

    この記事の内容もひどい。一次ソースに当たったというのならきちんと読み解けよ

     
    返信
    • 小保方さんの論文にある手順で世界中の研究者が追試をしたにも関わらず再現しなかったんだよ。その後の調査で小保方さん自身も全く再現できず。
      誰かが後々刺激による脱分化を示したとしても、小保方さんが間違っていたことは覆らない。

       
    • > 小保方さんの論文にある手順で世界中の研究者が追試をしたにも関わらず再現しなかったんだよ。

      目に見える手順だけが全てではないという可能性をなぜ想像出来ない?

      > その後の調査で小保方さん自身も全く再現できず。

      用意された環境が実験に成功するようなものではなく、むしろ失敗を誘引するかのような環境だったというという「事実」があるんだが。これは憶測ではなく事実な。

      > 誰かが後々刺激による脱分化を示したとしても、小保方さんが間違っていたことは覆らない。

      と、論理的に前提が崩れているのでその結論にはならないな。

       
  5. ちなみにこの論文は第三者のチェック受けないで投稿されてるものだよ。要は誰でも投稿できる雑誌。

     
    返信
  6. ネットギークはもともと小保方擁護してたよな?
    デマ記事を拡散しまくっとったがな。
    それを弁解することもなく、他サイトの記事をバッシングするんかい?
    お前らまず自分がやったこと反省して謝罪せえよ。

     
    返信
  7. Netgeekの論文の引用の仕方がオボちゃんよりたちの悪い捏造まがいであるという事実。ジャーナリストの誇りなどにもうとうの昔に捨て去っててPV稼げればそれだけでいいんだろう。そもそもこの人達には主義主張もなければ、公正な報道というモラルもなく、広告収入の事しか頭にない。世間の見解と反対の事を書けば逆張りで読者が増えるかも知れないから。ただそれだけ。一流の人間が使命感を持ってやっている仕事ではない。茶の間を沸かせるだけのただの日銭稼ぎに過ぎない。

     
    返信
  8. 本質はそこなんだがw
    「前々から、万能細胞はあると思われていたが、どのように見つけるかが問題」だったらしいぞ
    つまり、小保方はそれに乗っかって、stap細胞を主張しただけだ。
    小保方が、万能細胞の概念を生み出したわけではないから、お前の理論はただの話のすり替えだわな。
    あと、上の別な奴も同じようなこと書いてるけど、新しい万能細胞がstap細胞の定義に当てはまってんじゃなくて、stap細胞が万能細胞の定義に当て嵌めて、都合よく作られたんだろうよ。

     
    返信
  9. > 前々から、万能細胞はあると思われていたが、どのように見つけるかが問題」だったらしいぞ

    出た出た。

    「どのようにして」に当たるのが「細胞にストレスを与えることによって」

    だからな。

     
    返信
    • 細胞に「どのような」ストレスを与えることによって見つけることができるのかってことを全世界で研究しているんだろうが・・・

      同じ手順なら誰がやっても(小保方自身でさえも)再現できるってことを証明できなかったから小保方の研究は無駄だったねって話

      もともと再現性がない、発表は早いからまだするな、って言われてたのに煽てられて発表した小保方(と煽った奴)が悪い

       
  10. 日本男児はエネ夫の集団 2016年1月6日 at 10:39 AM

    小保方さんの研究「物理的なストレスで体細胞が初期化して多能性を持つ」

    それを否定しようとした人達「ストレスを与えるだけで細胞が万能化するなんてありえない」

    アメリカでの研究で「ストレスを与えるだけで細胞が万能化するなんてありえない」という否定派の論理が思いっきり覆された。

    つまり、小保方さんのStap論文を否定する論理が一気に崩れた。
    しかも、別の論理で彼女の研究を否定できる者も今の所、皆無。

    ネットリンチやってた奴らがどう償うのかが見物だな。まさか、素知らぬ顔でもするんだろうか。

     
    返信
  11. 小保方さん大勝利かと思ったが、スタップ細胞とはまた違う現象なのね。俺は文系なのでよく分からないが、お前ら違いが分かるなんて凄いのな。

     
    返信
    • よくわからないくせに違う現象なのね と 言うな。
      もとの細胞と作り方は違うが、物理的刺激(ダメージ)を与えることによって細胞が初期化され万能性を有するようになる ということで少しでも考える力があれば同じ現象であることは明らかです。
      もちろん、小保方氏の方法でできるかどうはは別。でも問題はSTAP現象があるか、ないかじゃないのか? そういう点ではあったわけ。

       
  12. 万能細胞そのものが、ゴミに等しい事が支援者に露呈したのが、今回の一番の問題なのかもな。ある意味で、それが最大の成果だったのかもしれないけど。

     
    返信
  13. アメリカで発表されたのは、iMuSCs。
    細胞組織が傷つけられると、修復の為に多機能性を持つ細胞が作られだすから、
    それだけ選り分けて分離しようって内容。

    植物や一部の動物細胞が分化を起こすってのは前から判っていて、
    今回はそれを利用して多機能性をもつ細胞つくろうぜってこと。

    STAP細胞でもSTAP現象でもいいが、そっちは刺激を受けたその細胞自体が
    変化を起こし万能細胞となるという主張。全く別物。

    カレーも味噌汁も同じように具を入れて熱を通す手順だから一緒!
    カレーのレシピを真似された!と主張するのと同じレベルだぞ…
    ましてこの論文をもって小保方氏の主張が正しかったとするような意見は論外なんだが…

     
    返信
  14. そもそもiMuSCsのほうがSTAP細胞より先に論文発表されてるのに
    STAPの理論をパクったとかバカじゃねえの?

    2015年にアメリカで発表されたiMuSCs論文の著者たちは、
    2011年にもStudy of Muscle Cell Dedifferentiation after Skeletal Muscle Injury of Mice with a Cre-Lox System
    という論文名ででiMuSCsの論文を出してる。2015年のはこの流れをくむもの。
    この当時バカンティ氏のSTAP論はまだ単なる仮説で何の証明もされてねえからな?
    てか今もまだ何の証明もされてねえけど。

    もしも擁護者の言うように
    「パクって別の名前にしてチョット違う手法で発表するでしょう」って
    言われるとしたら、日本のほうなんだからな?少しは考えて物を言え

     
    返信
  15. >アメリカでの研究で「ストレスを与えるだけで細胞が万能化するなんてありえない」という否定派の論理が思いっきり覆された。

    いやもともとね?植物は、傷ができると脱分化をおこすことはカルスと呼ばれて
    よく知られてるの。その仕組みを利用して世界中でいろんな実験がずっと前からあるの。
    iMuSCs論文もSTAP論文もその一種にすぎない。

    そんな中でSTAP論文のように
    「ちょっとストレス与えただけで”その細胞自身が万能細胞になる”」
    なんていうのが、あまたの研究者たちからするとありえないって話だったわけ。
    実際今のとこありえてないし。
    擁護派ってよくわかってないのに勝手な勘違いして
    科学者たちの説明が否定されたかのように主張するから困る

     
    返信
  16. いまさらどうでもいいんだけどおぼちゃんの再現実験について

    > 用意された環境が実験に成功するようなものではなく、むしろ失敗を誘引するかのような環境だったというという「事実」があるんだが。これは憶測ではなく事実な。

    とかいう冗談としても出来の悪い陰謀論が広まってるのは何故なんだろう。日本と言う国の科学水準はそこまで落ちぶれているのか。
    そもそもおぼちゃんの研究の骨子は「酸性刺激という幼稚園児のおままごと並みに簡単な操作でSTAP現象を実現できる」というところにある。「失敗を誘引する環境」とやらを用意するほうがむしろ難しい。
    天然有機物の全合成でもやろうってんなら高価な金属触媒を買ってもらえなかったとか与えられた実験期間が明らかに短かったなんてこともあるだろうけど、STAP細胞の場合はそんなことはありえない。
    敢えて妨害しようというならトイレもベッドも無い牢屋に食事も与えず監禁するというくらいのことをしないと再現実験は成功しちゃうよ?
    おぼちゃん曰く、STAP細胞ってそれほどまでにシンプルで素晴らしいアイデアなんだもの。

     
    返信

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!