netgeek

2

堀江貴文が衝撃的な指摘 「資本主義は死んだ。ロボットが人間の代わりに労働する時代がついに来る」

腹BLACK 2015年11月17日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ホリエモンこと堀江貴文氏が資本主義社会がついに終わり、新たな時代が始まりつつあると大胆な示唆を披露した。これまで人間が行っていた単純労働は全てロボットがやるようになり、人間はより知的な生産(時間がかからないのが特徴)を行うようになるという考えだ。

ホリエモンのメルマガ読者からの質問。「近い将来、仕事はロボット化されていくと聞きます。ロボットのコストが低くなれば、そもそも人間が働かなくてもお金に困らなくなるのでしょうか?」

horie_robot1

「堀江さんは以前、『YouTuberやプロゲーマーのような働き方(人間にしかできない仕事)が増えていく』とおっしゃっていたと記憶しています。もし稼げない人はベーシックインカムで最低限の生活を送るのでしょうか…」

これに対して堀江貴文氏は鋭く未来を見通した回答を返した。

horie_robot2

「ロボットが自動的に富をつくりだすからそれに乗っかればいいのです」。えーと、一体どういうことなのだろうか。毎日あくせくと働いている我々にとって、この未来はあまりにも非現実的でいまいち理解しにくい。この点についてホリエモンは分かりやすい具体例で説明してくれた。

堀江貴文「だってみんな農業やってないでしょ?自分で食べ物つくってないでしょ?」

horie_robot3

つまり、農作業は今や種植えから農薬の散布、収穫まで機械がやるようになっているので人間が汗水たらして働かなくなってもよくなった。テクノロジーが人間の単純作業を代替し、そのおかげで人間には時間的ゆとりが生まれ、より知的な生産活動を行えるようになったということか。

***

堀江貴文「社会全体のロボットが個人に利益をもたらしてくれるんです。実際そうなっているじゃないですか?」

ゲストの原田未来さん「単純作業のような人間の仕事はなくなっていって、人でしかできないことの仕事の比率が高まっていくのかなと思いますね」

堀江貴文「うん」

原田未来「それで、一人の人が毎日違う会社で働く未来を考えています。一週間のうち二日は大企業で働いて、二日はベンチャーで働いて、一日はNPOで働いてっていう、色々なキャリアが並行する働き方が今後出てくるのではないかと思いますね」

堀江貴文「うん。そういうのが理想ですよね」

***

資本主義では、生産手段を得ることができるお金持ちの資本家がその優位を利用し、自分の労働力を売るしかない労働者を使い、付加価値を生み出す経済メカニズムが成り立っていた。しかし資本家が労働者ではなくロボットを働かせるようになれば、労働者はそもそも必要なくなり、政府はベーシックインカムで必要最低限の生活を保障すればいいことになる。その時点で我々人間のライフスタイルが大きく変わるということか。いやはや、ホリエモンの先見性は素晴らしく、大変勉強になる。

ホリエモンが未来を見通した動画はこちらから。

https://youtu.be/uhsARt2XXP4

少し前、オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が「あと10年でなくなる職業」としてスポーツの審判やレストランの案内員、レジ係、会計士、税理士などを挙げ、大変話題になったことがあった。ITとテクノロジーが目覚ましく発展したため、クリエイティブではない仕事はもはや機械でできてしまうというのが論文の本質だ。あなたの仕事は機械にとって代わられないだろうか?じっくり考えてみてほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. yosinosakuramotchi 2017年6月6日 at 3:22 AM

    今現在の機械技術の加速度的進行はAIによる物が大きい為、「これまで」のようにはいかなくなっている。
    (「これまで」も世界の先進各国は会社のコスト追求により経済構造が破壊されているため強い金融緩和策を国に強いて国債の信用性を破滅的にしているが…)

    今の運営のやり方では、会社にとってコスト追求の観点で雇用者を選び、仕事負担を雇用で分散せず仕事量当たりの収入が減り経済にお金が回らず、会社の収入市場環境も悪くなり、会社が保守化し、働いている消費者も貯金し、安い物が売れ、多売で収支を賄うため市場は過激供給になり、会社は赤字にならないよう人件費を下げると組み合うデフレ経済体質で会社や個人から税収は得られず、銀行も利子が稼げないため資金の信用
    (法人(会社)や個人(消費者)が銀行に預けてるお金の信用)

    国債(国民の将来の税収から支払いが保証される)
    を買って保証する形になるため、構造状に対応ができず「国民の借金」が言われる。今のこの世界の運営方が今のまま変わらないなら本質的に問題は解決できない。デフレでリストラされて後に家族を、支えられる仕事を得られても全体からは個人的な状況でしかない

    今の市場は、物やサービスの事のみの競争のため本質的にマクロ経済でのデフレを引き起こす。
    商品に関わる労働者への会社の「実態」の認識が保証される「形態」の消費者への信用競争がない(消費側はどこかの労働者にも関わらずそういう消費者選択市場は考慮されていない

    個への社会の不完全さの矮小化

    過去に楽観的に言われていたが、実際には無人化に対応できる社会運営のやり方の本質的な改革の無いまま加速度的に機械化は進行するのみであり、消費者市場への供給に必要な雇用と、消費の維持に必要な雇用の数の偏りがマクロで深刻に進行している。 
    また、産業の分化高度化の発展で、各自の関わる仕事の需用の衰退後、転職が困難になった事は現実の社会運営の前提に無い。

    この資本主義経済の問題での本質的な解法として
    「無条件(通常の雇用選考でのステータスの一切無い非常に厳しい立場の者でも対応する位の)
    &本当の0から、
    社会の需要の有る仕事で、必要な能力の習得」を、なんらかのその仕事が”自動的”に得られるまで出来る」ようなシステムが必要。本質的に現実で、もたらされる必要が有る。(自動的な物ではないと仕事が得られず破綻する)

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!