netgeek

0

大阪の地下鉄職員が切符のパンチカスで超大作ドットアートを制作!SUGEEE!!!!!

Gil Pender 2015年11月12日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

大阪市営地下鉄が四つ橋線開通50周年を記念して制作したドットアートがネット上で話題になっている。駅員が切符のパンチカスを使って作り上げた超大作で、利用客には大変好評だ。

ひとまず、西梅田駅で公開されているドットアートをご覧あれ。

1111dotart_umeda12

▼作品はピンセットを使って手作業で制作したとのこと。

1111dotart_umeda9

▼近くから見ると、このようになっている。一体、何が出来上がるのだろうか。

1111dotart_umeda10

▼そして、これが完成した作品!すげえええええええ!地下鉄の車両だ!!!

1111dotart_umeda11

▼これは間近で見てみたい。電車好きにはたまらない作品だ。

1111dotart_umeda4

▼一つ一つ糊でくっつけたのだろうか。白と黒、灰色を分けるだけでも大変そう。

1111dotart_umeda3

Twitterには「これはすごい」「自分も見に行きたい」というコメントが寄せられ、かなりの高評を得ている。

しかし、制作した駅員はあまり嬉しくなさそう。一体何があったのだろうか。

▼なんと制作時間は300時間!!!駅員は「もう二度としない」と懲り懲り…。

1111dotart_umeda8

おそらく駅員達はボランティアで制作したのだろう。どれほど大変な作業だったのか想像もつかない。彼らの労をねぎらうために、TwitterやFacebookでこの超大作をシェアして褒め称えてあげてほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!