netgeek

0

【炎上】大阪のゲーム会社が同業他社の人気アプリをパクリまくっている惨状がひどい

Gil Pender 2015年11月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

netgeek編集部のもとに「ハッピーゲーマー株式会社(大阪市2012年設立、資本金300万円、櫻井悠社長)が配信しているスマホアプリに盗用疑惑が浮上しています。というよりも前科もあり、あからさまにパクリです」というタレコミが届いた。netgeek編集部が調べてみると、やはり今までにも同業他社のアプリを模倣していた可能性が高いと分かった。

現在、疑惑が浮上しているのはハッピーゲーマーが公開しているクイズゲームのアプリだ。アプリのアイコンに特に注目してほしい。

▼【名前当てクイズ】これの名前知ってる?(制作:ハッピーゲーマー)

1103happygamer5

「なんと呼ぶのか名前こそ知らないものの、普段よく使う物の正式名称を答える」というクイズアプリだ。ハッピーゲーマーの公式サイトによると、10月29日に公開されたという記述がある。

そして、ハッピーゲーマーが模倣したと噂される元のアプリはこちらだ。アプリ名がほぼ同じで、さっきのゲームとほとんど同じのアイコンが使われている!!!!

▼「これの名前」(制作:Tomoko Inoue)

1103happygamer6

このアプリの説明には「よく見かけるこれ、実は名前があるんです」とあり、先ほどのハッピーゲーマーのアプリと同じように道具や物の名前を答えるアプリになっている。公開日は不明だが、10/28にアプリのアップデートがされており、少なくともハッピーゲーマーよりも先に公開していることは間違いない。

▼アプリの説明文もかなり類似している!これはひどい!

1103happygamer10

▼さらに、説明に使われている画像も複数のものを並べるあたりが似ているような…。

happygamer9

本家「これの名前」の制作者はこの事態に気づき、アプリの概要説明欄で「類似したアプリが出されて悲しい」というコメントを書き込んでいた(現在はなぜか消されている。圧力でもかかったか)。こうした事実は、まだネット上で広まっているわけではないが、ハッピーゲーマーが公開しているアプリのレビューを見てみると「パクリ乙」「丸パクリ」などのコメントが寄せられており、一部のユーザーは気づき始めている模様。

さらに、netgeek編集部がハッピーゲーマー制作の別のアプリを調べたところ、他にも盗用の可能性があるものが見つかった。

▼上はココソラが2014年の8月に公開したアプリ。下はハッピーゲーマーが2014年の9月に公開したアプリ。

1103happygamer2

名前はもちろん、アプリの説明も「短時間で終了するショートストーリー」という点が類似している。こちらのアプリは実際にハッピーゲーマー版のアプリをプレイしたユーザーから既にパクリ疑惑が指摘されていた。

▼ココソラ版の「ぼくらの秘密基地」に似ているというレビューの書き込み…。

1103happygamer7

さらに、アプリの中身は類似していないものの、使用しているキャラクターが類似しているものも見つかった。

▼上はコロプラが2014年1月に公開したアプリ。下はハッピーゲーマーが2014年10月に公開したアプリ。

1103happygamer1

アプリ名もキャラクターもそっくりで、シリーズ化されたアプリなのではないかと勘違いしてしまうほどだ。

果たしてこんな偶然が何度も起こりうるのだろうか…?皆さんは、どう感じただろうか。現時点では「パクった」と断言はできないので、あくまで「疑惑が浮上しており、ユーザーが声をあげ始めている」という事実だけをお伝えしておきたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!