netgeek

0

倉敷で「デニムまん」という気色悪い豚まんが発見される!「デニムバーガー」「デニムソフト」なども…

Gil Pender 2015年10月20日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

世の中には、いろいろな種類の肉まん・豚まんが売られているもので、この度、岡山県倉敷でとんでもない豚まんが発見された。その名前はなんと「デニムまん」だ。

Twitterでは「デニムまん」を紹介した投稿が爆発的に拡散されている。

1019denimu6

▼なんじゃこの色はあああああああああああ!

1019denimu5

倉敷はデニムの名産地で、それを豚まんにしたわけだ。青は食欲をなくす色ということを理解しておきながら、真っ青の豚まんを売る奇行…。Twitterでの反応を見てみると「倉敷やばいな…」「気持ち悪い…」など評判は良くない。中には「色以前に値段が高すぎて食欲が失せる」という意見も。

さらに、衝撃の事実が判明する。倉敷にはデニムバーガー、デニムソフトクリームも存在する!

1019denimu4

▼デニムバーガーの写真はこちら。中の具材は普通だが、パンが真っ青…。

1019denimu3

▼こちらはデニムソフト。

1019denimu2

ネット上で評判を調べてみると「味は普通の商品と同じで美味しい」とのこと。しかし、やはり青色は食欲が湧かないぞ…。

これらの商品はすべて、倉敷デニムストリートで販売されている。

▼倉敷駅から徒歩圏内の美観地区にある。

1019denimu1

デニム色の食べ物ばかりが注目されているが、本業はデニム専門店だ。岡山県内のデニムブランドの製品が多数集められており、デニム好きには興味深い店になっている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!