netgeek

0

わずか40グラムの危機的状態で見つかった子猫の奇跡の成長記

Gil Pender 2015年10月18日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

わずか40グラムで発見された子猫が健康な状態に育つまでの成長記が海外のニュースサイトで取り上げられ、大きな話題になっている。心温まるニュースをご覧あれ。

参考:Couple Never Gave Up on 40 Gram Rescue Kitten Even Told She Wouldn’t Survive

今から15週間前、心臓がかろうじて動いているだけの瀕死状態の子猫が保護された。

▼コイン数枚分の大きさしかなく、体重はわずかに40グラムだった。

1017catgrewup10

発見したのはNuuudelさんという若い女性。彼女はすぐに写真を撮り、獣医に見せたが、返ってきたのは「期待しない方が良い」という答えだった。「獣医ですら、こんなに小さな猫が生きているのは見たことがなかったようです」と彼女は語っている。ところが、彼女は獣医の言葉を無視して子猫を育てることを決意した。

▼子猫に付けた名前は「タイタン」。

1017catgrewup9

当時はオスだと思い男の子の名前を付けたが、後からメスだと分かったそうだ…。そんな子猫の世話をNuuudelさんのボーイフレンドも快く受け入れてくれ、2人は交互にタイタンの世話をした。毎時間エサを与え、そして、タイタンを暖めて快適な環境を維持しつづけた。

▼タイタンの体重は増えないまま1週間が経つ。まだカード程度の大きさしかない。

1017catgrewup8

タイタンは動かないし、鳴き声もほとんど出さなかったそうだ。それでも彼らは「正しいことを続けたらきっとこの子猫は助かる」と絶対に諦めなかった。

8日目の早朝、ついに彼らに希望が訪れる。

▼タイタンが鳴き声を上げた!!!!

1017catgrewup7

Nuuudelさんは午前3時に猫の鳴き声を耳にして目が覚める。はじめはタイタンがうなり声を上げながら死にそうになっているのではないかと困惑したそうだ。しかし、駆けつけてすぐにタイタンがエサを求めてシートを這い回りながら鳴いているということが分かった。彼女がスポイトで粉ミルクを与えたところ、今まで見たことがない勢いでがぶ飲みした。

▼ミルクをたくさん飲んで満足したタイタンは再び眠りについた。

1017catgrewup6

それから2週間、Nuuudelさん達はタイタンの世話で寝不足の状態が続いた。

▼この頃には目もしっかり開くように。

1017catgrewup5

彼らは「ほとんど眠れなかったし、ご飯を食べるのを忘れることもあったけど、子猫を見たら疲れが全部吹っ飛んだよ」「目が開いた時は最高に幸せだった」と語っている。

▼元気になったとはいえ、まだ手のひらの半分くらいのサイズ。

1017catgrewup4

ガリガリに痩せ細った未発達の状態だったため、まだ自分の脚で動くことはできなかったそうだ。しかし、この頃には、もう「生」に満ち満ちた姿になっていた。エサとおもちゃを常に求めるようになったのだ。

保護されて6週目、タイタンはついに自分の脚で動けるまでに成長した。

1017catgrewup3

ただ、この頃はまだ方向感覚が少し問題があった。馴染みの物や匂いを認識できるようになったり、おもちゃで遊ぶようになったりとしっかり成長していた。

15週目のタイタンの様子はこちら。

1017catgrewup2

こんな可愛いらしい顔をしながら性格はやんちゃな暴れ者。一見すると、健康体に見えるが、動物病院でいくつか検査をしなければならなかった。

そして、こちらは、つい1週間前のタイタンの様子。

▼おもちゃを追いかけるのに疲れて休んでいるところ。

1017catgrewup1

生命の危機さえあった子猫が、ついにここまで成長したのは奇跡としか言いようがない。Nuuudelさん達は現在、Instgramに”titanthemiraclekitten“(奇跡の子猫タイタン)というハンドルネームでタイタンの写真を投稿している。

この奇跡の子猫の物語の続きに興味がある方は是非、フォローしてほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!