netgeek

0

62年間爪を伸ばし続けたインド人男性をギネスが認定!爪の総延長はなんと9メートル!

Gil Pender 2015年10月9日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

海外のニュースサイトで、62年間爪を伸ばし続けてギネスに認定されたインド人男性の記事が特集されている。

参考:Meet the man who has been growing his nails for 62 YEARS

今回、ギネスに「世界最長の爪」と認定されたインド人の衝撃的な姿はこちらだ。

▼なんじゃこりゃああああああああ!!!すげえええええええええええ!!!

1009indian3

男性の名前はシリダーハル・チラルさん、年齢は78歳だ。彼は16歳だった1952年から62年間も爪を伸ばし続け、ここまでの姿になってしまった。

では、一体なぜここまで爪を伸ばし続けたのだろうか?

1009indian2

彼は「私が学校に通っている頃、友人の爪を傷つけてしまったのです。そしたら、先生からひどく叱られて殴られました。その先生は爪が長かったです。少し爪を傷つけたくらいで、ここまで殴られる理由を理解できなくて、先生に尋ねました。だけど、答えは返ってこなかったのです。だから、理解するためには自分自身も爪を伸ばす必要があると思い、爪を伸ばし始めました。」と語った。

いまいち、よく分からない理由だが、とにかく先生に怒られたことで生まれた反発心が原因だそう。

当然ながら、ここまで爪を伸ばすと多くの問題が出てくる。

1009indian1

まず、爪が標準的な長さを超えた頃から家族や先生から爪を伸ばすことを反対される。しかし、彼は断固として拒否した。次第に家族から見放され、家事を自分でするようになり、仕事を見つけることも結婚することも難しかったと彼は語る。10人以上の女性とお見合いをしたが、断わられ続け、29歳の時にようやく兄弟の義理の姉妹と結婚することができた。

ギネスブックに認定されることが決まり彼の人生に転機が訪れる。

参考:ギネス世界記録2016 日本語版

1009indian4

彼は、ギネスに認定されて「人生最大のゴールに達成した」と感じたそうだ。世界一と認められた爪の長さは親指が最長で2メートル。左手の5本の爪の長さを合計すると9メートルにもなる。78歳と高齢になった今、爪は繊細で割れやすくなっているため、彼は博物館で保存してもらうことを検討している。

こちらはギネスが公開しているシリダーハル・チラルさんの映像。すごい迫力だ。

https://youtu.be/Z84DQ6AYB30

爪を切った後はどのような気分になるのだろうか。彼には、楽しい余生を過ごしてもらいたいものだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!