netgeek

2

中国が全面ガラス張りのオシャレな図書館をつくった結果、まさかの事態に

Gil Pender 2015年10月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Twitterで中国情報を投稿しているユーザーが面白い投稿をしていた。中国が先進的な図書館をつくるために全面ガラス張りの仕様にしたところ、利用者から苦情が殺到したという。一体何が起きたのだろうか。

今回、話題になっている中国・深センの図書館はこちら。

参考:http://www.szlib.org.cn/page/visited.html

▼玄関を見ると、どこにでもありそうな一般的な図書館だが…

1001shinsen3

▼俯瞰すると、こんな超巨大な施設。でけええええええええ!

1001shinsen2

▼中から見ると、このようなガラス張り!めちゃくちゃオシャレだ!

1001shinsen8

こうして見ていっても外装、内装、どこにも問題はなさそうなのだが…。

日本にもこんな図書館があれば是非とも行ってみたいもの…と思いきや、この図書館の利用者は悲鳴を上げている。

1001shinsen7

▼なんだこれはあああああ!ほとんどの人が日傘を差している!!!

1001shinsen6

▼とにかく日差しがあまりにも強くて暑すぎるらしい。

1001shinsen5

▼それもそのはず…。こちらは深センの平均気温の表。

1001shinsen1

参考:http://www.chinaviki.com/service/china-weather/history-weather/?c=280601&m=1

深センは夏の昼間は30度を超えるものすごく暑い地域で、東京はもちろん沖縄をも上回る。ガラス張りにすれば蒸し風呂状態になるのは現地の人なら予想できそうなものなのに…。

うっかりなところがいかにも中国らしい滑稽な出来事だと思っていたところ、衝撃の事実が発覚する。

▼実は設計者は日本人だったのだ。中国人の皆さん、ごめんなさい…。

1001shinsen4

▼磯崎新氏の写真はこちら。

1001shinsen9

磯崎氏は現在84歳で、日本中の有名なコンサートホールや展示場の建築に携わってきた超有名建築家だ。こんな凡ミスをしてしまった磯崎氏は最近ではザハ氏の新国立競技場のデザイン案に反対していた。

なんだか日本の建築業界の闇を見てしまったような気分だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. やはりnetgeekさんは中華ネタに弱いねぇ。
    (実写版ドラえもんに続き、鵜呑みにし過ぎですよ!)
    ウチの深圳の友人が、「設計したの日本人やんけ!!」と速攻で怒ってましたよ。

     
  2. netgeekさんの記事って基本煽るだけ煽って ○○らしいですよ怖いですねどうなってるんでしょうね。みたいにほわっと終わらせるの多いですけど、毎回もう一歩くらい深掘りしてもらえませんかね。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!