netgeek

0

独裁者ヒトラーが描いた10点の幻想的な絵画たち。こんな可愛らしい作品を生み出していたとは信じられない

lemon 2015年10月3日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ナチス政権下のドイツの独裁者ヒトラー。一時は画家を目指していたこともある彼が生前描いた10点の作品をまとめてみた。

1.やわらかなタッチが目を引く風景画。平和な昼下がりを感じさせる、ほのぼのとした作品だ。

hittler_art9

あの気性の荒いヒトラーが描いたとは思えないほど和やかな一品。見ているだけで心が落ち着くようだ。

2.こちらは街角の様子を描いた作品。未熟な点は多々見られるものの、美術館で展示されていても何ら違和感はない。

hittler_art8

大きな建物が描かれているのとは対照的に人物が2人しか登場していない。これはヒトラー自身の孤独な心情を表しているのだろうか?

3.こちらは先ほどと打って変わって明るい街の様子。およそ100年前の当時の情景が伝わってくる。

hittler_art7

道の色合いもよく見るとかなり塗り分けられており、ヒトラーが持っていた芸術的センスの高さを感じ取ることができる。

4.街だけではなく水辺の風景も描いていたヒトラー。我々が思っていたよりも、格段に絵が上手かったことがこれを見るだけでもわかる。

hittler_art1

絵を描く上で非常に画力が試される難関な水の表現。ヒトラーは難なくこなしていたようだ。

5.周りから建築家への道を打診されたほど、建造物を描くことに長けていたヒトラー。確かにどの絵を見ても建物は生き生きとしている。

hittler_art2

パースが狂っていたりするものの、どっしりと重量感をもって描かれた建造物たち。ここにヒトラーの生き方が反映されているのかと考えてしまう。

6.実は人を描くのが苦手だったという。全く人物が描かれていない作品も少なくない。

hittler_art3

卓越したカリスマ性で人々を陶酔させた彼も、実は人と人との対話が苦手だったのかもしれない。

7.時にはこんなファンタジー感溢れる壮大な風景画も描いていた。部屋に飾っておきたくなるような出来栄えだ。

mig

遠くに見えるのは大きな城だろうか。こんな風景を日々見ながらヒトラーは育っていったのだろう。

8.淡い彩色なものの、多くの色合いを取り入れた絵画を描くことが得意だったヒトラー。あの恐怖政治を推進していた人物とは到底思えない。

hittler_art4

画家としての道が切り開けていれば、今日までの歴史は大きく変わっていたことだろう。

9.ヒトラーは風景画だけでなく、花を描くことも得意だったようだ。まるで日本画のようなタッチで、可愛らしい花を描いている。

hittler_art6

水彩画や油絵など、作品ごとに使用する道具を度々変えている。かなり器用で繊細な人物だったことがうかがえる。

10.このようにかなり華やかな花々を描くこともあったようだ。何を思ってこれを描いていたのだろう。

f0077807_14535254

一つとしてマイナスな印象の作品がなかったが、そこがかえって不気味だ。あなたはヒトラーの作品を見て何を感じただろうか?

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!