netgeek

0

スコットランドの運河に建てられた「船舶用エレベーター」は船を高みへ移動させる凄すぎる装置

Gil Pender 2015年10月3日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

スコットランドの運河にある「特殊エレベーター」がネット上で話題になっている。なんと、そのエレベーターが運ぶのは人ではないのだ。

現在、話題になっている「ファルカーク・ホイール」という建造物はこちら。

▼いったい、どこにエレベーターがあるのだろうか?

0927elevator7

▼別の角度から見てもエレベーターらしきものは全然見当たらない…。

0927elevator6

▼あっ!船が昇っている!なんだこれはああああああああああ!

0927elevator5

実はこれは、ボートリフトという船舶を昇らせたり降ろしたりできるエレベーターなのだ。

▼実際に動いている様子を収めたGIF画像はこちら。SUGEEE!!!!!

Falkirk Wheel in Scotland

▼この装置を利用すれば、船が全く異なる高さの水面に移動することができる。

0927elevator1

日本ではあまり見かけることはない仕組みだ。それもそのはず、ヨーロッパと違い、日本には川と川をつないで運河を作り、物流に利用するという文化がなかった。違う高さの川ですら利用しようとした結果がボートリフトだといえる。

▼こちらはヨーロッパの一般的なボートリフト。

0927elevator9

ボートリフトは我々が普段乗るような垂直に昇降するタイプがほとんどで、世界で唯一ファルカーク・ホイールだけが回転しながら昇降する。だからこそ、斬新だと世界で話題になっているのだ。

▼昼間にファルカーク・ホイールで昇った時の景色はこのような感じ。素晴らしく美しい。

0927elevator2

▼それが、夜になるとこんなムーディーな景色に!すげえええええええ!

0927elevator4

気になる建設費はどれくらいなのかというと…1750万ポンド(約32億円)とそんなに高くはない。

0927elevator3

新国立競技場1つでファルカーク・ホイールを50個くらい建てることができるわけだ。ファルカーク・ホイールと新国立競技場の案を見比べていると、「世界に誇れる競技場」に必要なのは決してお金だけではないように思えた。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!