netgeek

0

堀江貴文の新刊「ゼロ」に対する書評が朝日と某業界紙で違いすぎる!

腹BLACK 2014年2月21日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

朝日新聞と某業界紙が書いた堀江貴文氏の新刊「ゼロ」に対する書評があまりにも違いすぎるのをネットギーク編集部が発見したので紹介しよう。

shk_horie00
朝日新聞がホリエモンの「ゼロ」を理不尽に愚弄する書評を載せたのは2013年12月のことであった。あまりにも偏見にまみれた書評に「記者がホリエモンのこと嫌いなだけなんじゃねーか」、「朝日新聞解約した」、「まさにチラ裏レベル」などと朝日に対する批判でネット炎上し大いに盛り上がった。

詳しくはnetgeekの過去記事朝日新聞がホリエモンの新著「ゼロ」を理不尽にdisって非難轟々!twitter炎上中とをご覧になって頂きたい。

 

全く異なる2つの書評

あれから3ヶ月たった今、某業界紙が朝日新聞とは対照的なゼロの書評を掲載した。

大きな画像でみてみると、ゼロの良さがたしかに綴られており、有益な書評が書かれている。
ab98b44

一方、前回話題になった朝日新聞の書評はこちら。

BcDLprGCUAAaSWQ

考察が書かれていないため、読んでも何の役にも立たないただの悪口である。おまけに最後の「微妙だなあ」がやけに挑発的で頭にくる。最後に編集委員の鈴木繁と本名を掲載しておきながら、よくもこんな文章を掲載できたものだ。

いい書評を書いてくれた業界紙というのがどこの新聞なのかは残念ながら定かではないが、きっとまともな新聞社なのであろう。

これにはホリエモンも反応している。

 

購読する新聞を見直そう

こうして比べてみると、一見同じに見える新聞でも記事の質にかなり差があることがわかる。毎日読む新聞だけに、はじめにどの新聞をとるか選ぶ段階でその人の知的水準の成長性が決まると言っても過言ではないだろう。

良質なアウトプットをするのに必要なのは良質なインプットである。要するに結果を出したければ、いいものに触れて吸収すればよいということ。

とある調査によると、高年収の人は日経新聞を読んでいる割合が高いようだ。

新聞ポジショニング.003

自分を成長させたいと思っている方は、まずは今とっている新聞を再考してみては。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments are closed.




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!