netgeek

2

【激震】広告をブロックできるiOS9のコンテンツブロッカー解禁で起きた7つの出来事

腹BLACK 2015年9月20日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ウェブメディアをはじめとして広告収入で成り立っているサイトを撲滅させてしまうのではないかと心配されているコンテンツブロッカー。iOS9からSafariの拡張機能として使うことができるようになった。

ウェブ上では今何が起きているのか。そしてこれから何が起きるのか。情報をまとめてみた。

1.コンテンツブロッカーはCrystalと1Blockerが人気。

crystal_1blocker

左がCrystal(有料)で、右が1Blocker(無料)。Crystalは当初無料だったが、ダウンロードランキングで上位に入ったタイミングで有料に切り替わった。なお、コンテンツブロッカーは広告だけでなく、トラッキングやコメント欄などもブロックするよう設定することができる。

使い方はアプリをインストールしてiPhoneの設定→Safariでコンテンツブロッカーアプリをオンにするだけ。ブロック機能はChromeやアプリのブラウザには適用されない。

2.当然ながらコンテンツブロッカーの効果は抜群で、完全に広告がなかったことになってしまう。

ios9_blocker4

▼人気サイトGigazineのタイトル下に入っている広告は…

contentsblocker_google5

▼完全に消えてしまった。

contentsblocker_google6

▼nanapiもnetgeekも消えるとのこと。

ios9_blocker6

ios9_blocker8

サイト運営者にしてみればこれはあまりにも悲しい。一部では、今後はウェブサイトは一斉に有料化に向かうという話もちらほらと聞かれる。

3.コンテンツブロッカーはGoogleのリスティング広告も消してしまうことが判明。

ios9_blocker1

contentsblocker_google

contentsblocker_google1

スティーブ・ジョブズやティム・クックなどのApple経営陣は以前からGoogleを「ユーザーの情報を集めて金儲けしている会社」と批判しており、またGoogleがアンドロイド事業に乗り出したときは「iPhoneを真似した」とジョブズが激怒したことがある(参考:書籍「スティーブ・ジョブズ」)。そのような過去があるからこそ今回Googleに喧嘩を売るようなことをしたのだろう。アドワーズ、アドセンスで儲けているGoogleにとって広告ブロック機能は死活問題だ。

また、Appleは代わりに自社の広告を入れるiAd(Apple Ad)ビジネスを始めるのではないかという噂もある。もしSafariが独自に広告を差しこむようになったら…。今後は訴訟合戦になるかもしれない。

4.広告ブロック機能はちくりを受けてどんどん進化していく。

ios9_blocker2

現状ではマイナーなクリック課金型広告やアフィリエイトなどがブロックできていないという話もあるが、そこは抜かりない。例えばCrystalには通報機能が備わっていてブラックリストが更新されるようになっているのだ。

5.もちろんアフィリエイターは怒る。

ios9_blocker3

しかし、ビジネスとはときに正義や論理ではなく力関係で決まるもの。Appleという時価総額世界一の企業が決めたことは業界のスタンダードとなり、いつの間にか誰も疑わない常識として流布するようになるのだ。

6.Crystalは汚いものを消してこの世を綺麗な世界にしてくれる神アプリのようだ。

ios9_blocker9

contentsblocker_google4

ios9_blocker7

ios9_blocker_netgeek

なおnetgeekがコンテンツブロッカー対策としてわざと表示させないようにしたのではないかという見方もあったが、全く何もしていない。おそらく「ad」の文字が入ったタグで囲われた部分が消えてしまったのではないかと思われる。

▼大手ニュースサイトであるロケットニュースも真っ白になるという。

ios9_blocker5

今後はCrystalが誤検知の改良を図って見られるようになるかもしれない。

7.これで最後。コンテンツブロッカーは導入が少し複雑だったのでウェブメディア運営者は助かった。

ios9_blocker

日本語版コンテンツブロッカーがないこと、Crystalの有料化も相まって、現状ではコンテンツブロッカーの利用者はさほど多くない印象だ。とはいえ、今後はAppleがさらなる締め付けを図ってくる恐れもあり、油断は禁物。サイト運営者としてはバナー広告でのマネタイズよりもネイティブアドや広告ありの独自アプリ、有料会員制に逃げるのが正しい方向性か。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. Wikipedia は広告収入ではなく寄付のみで運営しています。内容がスポンサーに影響されないためにです

     
  2. ムキになってけしからん、と叫ぶことじゃ無いけど正直困ったねえ、という感じ。
    広告というシステムはこっちが身銭を切ることなく金が回るシステムで、そこをせき止められるとその流れは悪くなるだろう。

    有益だったり面白かったり、楽しめる情報を自分の時間を使って無償で毎日提供してくれる人はそう多くない。だったら有償にしてその数が増えればそれに越したことはないし、その金を自分が払うのでなければもっとそれに越したことはないと思うんだけど。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!