netgeek

13

【炎上】佐野研二郎のエンブレム展開イメージにまた新たに見つかった4つのパクリ

腹BLACK 2015年8月31日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

オリンピック委員会が訴訟対策の一環として公開した佐野研二郎氏のエンブレム展開イメージについて、ネット上の画像が問題のある方法で使用されていることが明らかになった。

前回の記事:【炎上】佐野研二郎がつくった五輪エンブレム展示例のイメージ図もパクリであることが判明

1.表彰台の影の人物。

sanoken_pakuri (1)

▼有料素材サイト「depositphotos」のものと一致した。こちらは背面のシルエットなのだが、気づかなかったのだろうか。

sanoken_pakuri (1)

もちろん佐野研二郎氏が正式に購入した可能性も考えられるが、過去に多数、Pinterestや個人ブログなどから盗用していたことを考えると、この画像だけ買ったという線は薄い。

2.エンブレムの横に並ぶ人の影。

sanoken_pakuri (2)

▼YouTubeにアップされているパラリンピックの動画のワンシーンと一致。

sanoken_pakuri (3)

こちらについてはおそらくYouTubeから直接とったというよりも、お得意のPinterestかGoogle画像検索で「オリンピック 人影」などと検索して出てきたものを使ったのではないかと思われる。

3.3枚目のエンブレムの横にある画像。

sanoken_pakuri (5)

▼少し分かりにくいが、同じパラリンピックの動画内にあるワンシーンと一致。

sanoken_pakuri (4)

こうして制作のプロセスを追っていくと、博報堂出身のアートディレクターはこのようにして仕事をしているのかと大変勉強になる。デザインを1から生み出すのではなく、すでに世にあるものをPhotoshopで加工するのだ。実に要領がいい。

4.エンブレム入りのグッズ、うちわ(下段中央)。

sanoken_pakuri (3)

▼amazonで売られている商品の画像と一致。細かな箇所をよく見比べてみてほしい。

四国団扇 白貼り 四国団扇 白貼り

四国団扇
売り上げランキング : 103861

Amazonで詳しく見る

もちろん許可はとっていないだろう。以上4つ、パクリ元が特定できたものを紹介した。その他の部分についても続々と発見されるだろうから、netgeekで追って紹介していきたい。

なお、これはどうでもいいことではあるものの、一応ツッコミを入れておきたい。佐野研二郎氏が羽田空港のイメージ図ででかでかと「WELCOME」と表示した部分…。

sanoken_pakuri (4)

そこは搭乗口だ。これから日本を出て行く人に「WELCOME」と言ってどうする。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (13)

  1. netgeekのこのシリーズ、悪意あるな〜。もうウンザリしてきた。ちまちました本質以外の突っ込みばっかりして、特定の人物攻撃。たぶん、騒動の沈静化後、その個人から訴えられるな。このディスりによる個人の仕事や社会の損失は巨大だろうから、大きな損害賠償になるのではないかな⁇

     
  2. netgeek信用失った。
    デザインなんて頑張って探せばどこからでも出てくるだろ

     
  3. 本来これはプレゼン用の内部資料で、外部に出るものではない。広告業界では当たり前のようにこの手の無断使用は行われている。それが問題ならば、これは佐野氏個人の問題ではなく、広告業界全体の問題。佐野氏も組織委も、会見に使用するならそれ用に作り直さなければいけない。ただこれは、無断転用ではあるが通常パクリとは表現しない。パクリ(盗作)とは他人のアイデアを盗用すること。模倣。今回の件ではいろいろと誤った情報が流布している。

     
  4. 本当に広告業界全体ではこの手の無断使用を当たり前に行われているのか?
    『貴方の知る範囲』ではないのか?
    メディアで知る限りの情報しかないが、佐野氏の周辺ではコピペが常態化しているのではないかと想像される。 STAP細胞の論文コピペと似ていると感じる。(STAPの場合は個人だが)
    トレースなんて聞こえのいいものではなくコピペではないのか

     
  5. もちろん私の知る範囲だが、私はフリーランスで仕事をしているので、いろんな会社と取引がある。主に映像系だが、イメージボードには雑誌の切り抜き、ネットで検索した画像、それらを構成し企画のイメージとしてプレゼンすることはよくある。PVや映画、その他映像を編集し、イメージビデオとしてクライアントに見せることもある。グラフィックでも似たようなことは行われている。佐野氏の社員教育、自身の甘さを指摘するのはごもっともだが、一方でそれは業界の通例でもある。佐野氏だけが責められるのはフェアではない。その辺を知らない人たちがパクリパクリと過剰反応している。

     
  6. 広告業界全体に限らずパワポの資料にGoogleから拾ってきた画像を使うなんてパワポ使ったことある人なら誰でもやった覚えあるだろう。

     
  7. 「広告業界では当たり前のようにこの手の無断使用は行われている」

    弁理士は、著作権違反としている。
    当たり前に行われているのは異常な世界だけで犯罪に変わりはない。
    記者会見等でもこの発言が有ったから、今後問題になるだろ。

     
  8. 厳密に言えば違反だろうが、しかし現実問題それは日常行われている。クライアントも共犯者としてそれを容認している。会見でも述べられていた通り、公の場に出す場合は許可を申請するなり作り替えるなりしなくてはいけない。今回それを怠った。上にコメントされてる方もいるが、パワポの資料にGoogleから拾ってきた画像を使用したり、この程度のズルは世間を見渡せば頻繁に行われている。異常なのはむしろ会見を見るなり、作品とは直接関係のないプレゼン資料の背景等を画像検索して、無断転用を恐ろしいスピードで暴き出すネットの世界だと思うよ。

     
  9. 有料素材サイトのものは買えば商用利用可だったりするんですが、シルエットの画像、これだけ買うなんてないだろう、パクリだと決めるのどうなんでしょうか? 他の案件で以前に買っていて使いまわしていることもあるでしょう? こういう事でこの記事も信用がなくなりますね。発掘に必死ですね…

     

Leave a Reply 匿名 Cancel reply




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!