netgeek

1

【衝撃】動物と植物のハイブリットが存在した!光合成をしながら生きるウミウシに世界が注目!

lemon 2015年8月7日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

光合成をしながら生きることのできるウミウシの存在が確認され、言わば「動物と植物の中間にあたる生物なのではないか」と大きな話題を呼んでいる。

参考:Solar-Powered Sea Slugs: The Rare Organisms with Plant-Like Qualities

こちらが動物と植物の中間にあたると言われているウミウシだ。えええええええええええっ!?一見するとただの葉っぱのようにしか見えないぞ!?

umimushi1

レタスのようにも見えるこちらの生物。植物には見えるものの、動物にはとても見えない。

こちらのウミウシ、名前は「エリシア・クロロティカ」。海の中ではこのようにしっかりと泳ぐことができ、動物だということが確認できる。

umimushi5

なんだか地球上の生き物のようには思えないが、北アメリカに生息する実在の生物だ。

一方で、光合成をすることでエネルギーを生成することが出来る植物の特性までもを兼ね備えている。

なんと光合成のみで数ヶ月から1年ほど生きることが出来るというのだから、非常に驚くべき生態だ。

なぜ光合成が出来るのかというと、食べたものの中から光合成に必要な葉緑体だけを体内に残すことが可能だからだという。

umimushi2

誰かが作り上げたとしか思えないような、衝撃の特性を持つウミムシ。現実世界に存在するとはにわかには信じがたい。

この生物を研究していけば、いつか人間も食事をする必要がなくなるかもしれない。

umimushi4

もしかすると何年か先の地球上には、動物と植物のハイブリットしか存在しない世の中になっているのかも…。食糧危機を救うのは光合成だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!