netgeek

0

【速報】アメリカの海岸に「無色透明の謎の生物」が大量に打ち上げられた!こいつの正体は一体なんなんだ…!?

lemon 2015年7月30日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

アメリカの海岸に謎の生物が大量に漂流しているのが見つかった。無色透明の体をしたその生物の正体やいかに…。

参考:Mysterious Balls of Goo Are Rolling Onto American Beaches

こちらがアメリカの海岸で発見された生物だ。えええええええええええっ!?まるでゼリーのような物体が転がっており、生物のようには全く見えないぞ((((;゚Д゚)))))))!!!!!!!!!

※権利者の申し立てにより画像は削除されました。画像はリンク先にてご覧ください。

クラゲのようにも見えるが、色や形を見る限りそうではないようだ。見ればみるほど不気味すぎる…。よく似ているが、小林製薬の無香空間ではないぞ。

実はこの正体は「サルパ」と呼ばれる生物。しかし、生態についてはほとんど謎のままで未だ解明されていない不思議な生き物なのだ!!

※権利者の申し立てにより画像は削除されました。画像はリンク先にてご覧ください。

ぷかぷかと海を漂う点においてはクラゲとよく似ているが、分類ではなんと「クラゲよりもヒトに近い生物」だという。

アメリカで大量発生した理由については「地球温暖化により主食のプランクトンが増えたから」というのが専門家の見解だ。

salpa1

サルパは植物プランクトンを主食としているため、海が暖かくなればなるほど過ごしやすい環境になるのだ。

ちなみにこのサルパは、無性生殖が可能な生物。その上、自分のクローンを生み出すこともできるため、今後も増え続けることが予想される。

salp-2s

地球を占領するのは強い生き物でも、賢い生き物でもなく、無限増殖できるサルパかもしれない。日本の海辺の至る所にサルパが散乱している事態になるのも、もはや時間の問題だろう。

もしかするとサルパだけでなく、もっと不気味な生物たちが温暖化を機に大増殖している真っ最中かもしれない…。

salpa3

サルパは人を襲うことがないから良いものの、人類が危機に瀕してしまうような生物が繁殖しないことを祈る。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!