netgeek

0

【悲報】HIKAKINの動画再生数が激減で好きなことで生きていけなくなる

腹BLACK 2015年7月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

特技のボイスパーカッションを武器にYouTubeで配信をはじめ、徐々に新商品レビューにシフトして動画再生数を伸ばしていったHIKAKIN。動画再生数が激減して死活状態に陥ろうとしている。

かつては100万再生超えが当たり前だったHIKAKINは今、驚いたことに20~30万再生までしか伸びなくなっている。

hikakin_youtuber

動画の内容自体が変わったわけでもなく、YouTube利用者が廃れたわけでもないのにこの結果。急増した他のYouTuberにシェアを奪われた結果と考えて間違いなさそうだ。動画配信事業では先行者利益が得にくく、視聴者はいとも簡単に他の配信者に乗り換えることができる。

HIKAKINのボーナスステージはこれで終わり。このまま再生数はどんどん減っていき、これだけでは生活できない状態に陥るに違いない。Googleが盛大に宣伝した広告キャンペーン「好きなことで、生きていく。」もいつの間にか、はじめしゃちょーとエレキテル連合がメインになってしまった。HIKAKINは広告効果がないと見限られたのだろう。

一方、はちゃめちゃな企画が面白いと評判のはじめしゃちょーは平均で100万再生を維持し続けている。

hikakin_youtuber2

身長は185cmもありイケメンで動画も面白いとあれば、向かうところ敵なし。動画再生数はまだ伸びるとみられる。なおHIKAKINのチャンネル登録者数は220万人ではじめしゃちょーは179万人。はじめしゃちょーが追い越すのはあと数ヶ月のことだろう。

「好きなことで、生きていけない」。

maxresdefault

HIKAKINはYouTuber専門の芸能事務所uuumの設立者であり役員でもあるため、当分は食うには困らないはずだが、参入障壁が低い動画ビジネスは現在、新規参入者が相次いでおり、過当競争になりつつある。uuumの経営もそう安泰とはいえない。

ちなみにnetgeekも編集部の「ぎーくす」がYouTuberとして活躍中。

https://youtu.be/H6i5EDtGt6E

是非チャンネル登録してみてほしい。移り変わりの激しいネットビジネス。最後に笑うのは誰だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!