netgeek

3

民主党・小西洋之議員が安倍総理の英語スピーチを「高校生以下。練習ぐらいして行け」とボロクソにdis

腹BLACK 2015年4月30日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

NHKで中継されている安倍総理の米国連邦議会での演説について、民主党の小西洋之議員がTwitterで痛烈に不満を漏らしている。

中継を見ていた小西洋之議員は「安倍総理は英語の読み方が酷すぎる」と強烈に侮辱し始めた。

konisihiroyuki1

こちらのツイートは300リツイートを突破し、今もなお拡散されている。政策のあり方を批判するならともかく、英語の読み方に言及するとは珍しい。

さて肝心の安倍総理のスピーチはというと、大きな文字で書かれた台本を見ながら一つ一つの単語を読み上げるスタイルだった。

abe_speech (2)

▼手元をズームで写すと文字の大きさがよく分かる。赤くペン入れしているのは気をつけるべき区切りや強調を意味しているのだろう。

abe_speech (3)

流暢なスピーチではないものの、国際的に誤解があってはいけないので、わかりやすさを優先して一つ一つの単語をはっきりと話すようにしたということに違いない。政治的なスピーチとしてはこれで問題ない。

しかし、小西議員の怒りはおさまらない。「安倍総理は英語の読み上げすらできないのか」、「通訳が可哀想」とまで言い切る。

konisihiroyuki2

konisihiroyuki3

konisihiroyuki4

この強烈なバッシングに対してTwitterでは「それならお前がやってみろよ」、「呼ばれなかったから嫉妬してるのかな」、「イチャモンつけるなよ」、「品格がないですね」などと小西議員を批判するリプライが多く寄せられている。

小西洋之議員、そこまで言うならYouTubeに英語スピーチをアップしてくれないだろうか。是非お手本を見せてほしいものだ。

konisihiroyuki5

小西先生ともあれば、まさか他人の批判だけして自分は実行できないという典型的な野党の姿勢ではあるまい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 英語を分かってない 2015年5月2日 at 7:36 PM

    この議員は多分英語かぶれなんでしょうね。
    発音が下手だろうが、原稿棒読みだろうが、中学生英語だろうが、Englishでスピーチすれば、
    は無用な意訳、
    誤訳を避けられるんでしょ。

     
  2. 大切なのは発音でなく、演説の内容です。
    発音は通訳にまかせといたらいい。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!