netgeek

2

ライブドア事件から10年経った今、熊谷史人元副社長が真実を語った。「堀江さんも俺も会計の素人なんだから監査法人のOKサインを信じるに決まってるじゃん!」

腹BLACK 2015年2月17日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

時の流れは早いものであまりにも世間を驚かせたライブドア事件からはや10年。当時副社長を務めていた熊谷史人氏はTwitterにて事件の真相を率直に明かしてくれた。

きっかけはニッポン放送買収ディールの10周年記念飲み会があったこと。ライブドアとしては日本中を驚かせて大成功したディールだったわけだ。

kumagai1

当時の裏話をTwiiterでどんどんツイートして教えてくれる。さあ、一つ一つ見ていってみよう。

熊谷史人氏は当時若干27歳だったにもかかわらず、大きな権限をもってフジテレビのディールを取り仕切っていた。

kumagai2

2000年に横浜市立大学商学部を卒業して未来証券に入社した熊谷史人氏はライブドアに証券マンとして営業をかけ、あっさりと大きな案件をかっさらっていった。そしてその腕を買われて2002年1月にライブドアに入社し同年8月には執行役員副社長になった超スピード出世の大物だ。

堀江貴文元社長は書籍にて熊谷史人氏に「仕事の成果に応じてどんどん増やすから」と報酬を驚くほど増やすことを約束。熊谷氏は見事結果を出して認められ、20代半ばにして年収数千万円を勝ち取るようになっていた。

堀江貴文氏とCFOの宮内亮治氏、港陽監査法人の田中慎一氏は本を出したのに熊谷史人氏はなぜか本を出していない。

kumagai3

本当に出してくれたら絶対に読みたい。実は3人が出した書籍は皆主張が異なっており、結局誰が悪かったのかが明らかになっていないのだ。

港陽監査法人の田中慎一氏は堀江社長はライブドア財務部健全化の仕組みづくりに協力的だったが、宮内氏は全身ルイヴィトンで固めたキャラが濃い人物で監査法人に対して圧力をかけることが度々あった。ブランドものが好きな宮内氏は自分をよく見せたいという思いが強く、会計上でも粉飾に手を染めてしまったのではないかと宮内主犯説を唱えている。

ただ、ホリエモンの出した本ではこの田中慎一氏が本でついた嘘(公認会計士の資格を返上すると言ったが返上していなかったなど)も暴露しており、またライブドア事件の後にまた別の事件を起こしたことも明かされており、一体誰を信じていいのか分からなくなってくるのが実情なのだ。

さて、熊谷史人氏の視点からはどう見えていたのか。率直な感想はこれだ。

kumagai4

kumagai7

確かにその通りだ。よく分からない会計処理があったときには監査法人にこれで大丈夫かと確認する。それでOKの判子が貰えたにもかかわらず、検察から「これダメ」と言われたのだからこれはたまったもんじゃない。

当時はずいぶんと責められた株主を損させたことについて。「悪意は全くなかった」。

kumagai5

そもそも監査という不備のある制度と権力を持ちすぎた検察のあり方に問題があるのではないか。ライブドア事件は起こさないほうがみんな幸せだったに違いないわけで、会計処理の問題なら軽微な注意ですませておけばよかった。

熊谷氏はまだ世に出していない情報を持っていそうだ。

kumagai6

本を出せば今でも売れることは間違いない。是非とも出してほしい。何かとんでもない情報でどんでん返しがあったりして…。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!