netgeek

0

どこからどう見ても目玉焼きなクラゲが見つかった(画像あり)

腹BLACK 2015年2月16日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

動物の中には擬態することで自らの身を守るものがいる。大抵は木の葉や樹の枝に成りすまして外敵から襲われないようにするものなのだが、必ずしもそうはならないところが自然の面白いところだ。

まずはとにかくこの驚くべき写真を見て欲しい。こっこれは!

medamayakikurage

ええええ!?完全な目玉焼きだ!こちらは「コティロリーザ・ツベルクラータ」という生物で英語名は「Fried Egg Jellyfish」。直訳すると「目玉焼きクラゲ」だ。そのままな見た目でそのままな名前…。

パクっと魚に食べられてしまいそうなほど美味しそうな見た目。何でこうなったんだろう…。

FriedEggJellyfish4

魚は生卵を知らないから問題ないということなのだろうか。それともむしろ食べられたい!?

おおっと!こちらは半熟状態の目玉焼きクラゲがたくさんだ。

FriedEggJellyfish3

水中に目玉焼きがあるなんて何だか異様な光景。これは一度は直接見てみたい。

黄身の部分を指でつつくとどうなるのだろう。

FriedEggJellyfish2

物凄くぷにぷにしてそう。そしてできることなら食べてみたい。クラゲといえどもこれは絶対に美味しいに違いないぞ。

驚くべき動画もご覧あれ。

http://vimeo.com/65892295

この世は不思議なものだ。偶然の一致でここまで似てしまうとは。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!