netgeek

0

エメラルドグリーンの猫が見つかって誰のイタズラなのかと大炎上→意外な真実が明らかに

腹BLACK 2014年12月6日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ブルガリアのヴァルナで異常にカラフルな猫が見つかったとしてちょっとした騒動になっている。突然変異?誰かがイタズラで着色した?真実は意外なものだった。

参考:The cat that got the green! Emerald-coloured stray turns heads after sleeping on heap of synthetic paint

ブルガリアのヴァルナ、ブラックシータウンで色鮮やかなエメラルドグリーンの猫が見つかったとして大騒ぎになっている。

colorfulcat3

見よこの綺麗な発色具合を!孔雀の羽のような色合いで、こんな猫が街を歩いていた誰もが驚くこと間違いなし。一体何があったのだろう…。

よく見ると背中のほうは元の茶色の毛が見えるので誰かが着色したものと思われる。

colorfulcat4

この猫の写真はFacebookで共有され、「猫にイタズラしたのは誰だ」とみんなが怒って拡散し始めた。犯人を見つけて罰を与えるべくネット上、そして地元の人も協力して情報収集が始まったのだ。

しかし、しばらくしてから意外な事実が明らかになった。犯人などおらず猫が自分でやったことだったのだ。

colorfulcat5

この猫は度々倉庫に忍び込んで合成着色料の粉の上で寝ることを日課にしていた。そのため、次第に全身がこのような色に染まってしまったのだ。

普通の猫と比べてもこの通り。

colorfulcat2

それにしてもどうして合成着色料の上でゴロゴロしてしまったのか。匂いが気に入ったのか、オシャレな猫だったのか…。毛づくろいするときになめても有害じゃないかどうかが気になる。

このカラフルキャットは街で一躍有名に。

colorfulcat

観光客からエサがたくさんもらえるようになってご満悦な猫。もしかすると全て計算でやったことなのかもしれない。他の猫も真似し始めたりして。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!