netgeek

0

【画像11枚】ノートに3次元を表現する海外アーティストの画法がSUGEEE!!!!!

腹BLACK 2014年11月16日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

アーティストのJoão Carvalho,(別名J Desenhos)はたった1枚の紙に立体的なイラストを書いてしまう凄腕の持ち主。青い線をまく使ってキャラクターに息を吹き込み、今にも飛び出しそうなほどリアルな凹凸感を紙に再現するのだ。

参考:Nas linhas do caderno

1.

Desenhos_netgeek (2)

これはSUGEEE!!!!!日本にここまで上手に立体感を再現できる人物がいるだろうか。青い線と影、濃淡をうまく使って完全に浮かして見せている。

2.

Desenhos_netgeek (1)

紙がぐねぐねだああああ!!!これ、写真じゃなくて直接見たらどうなんだろう。

3.

Desenhos_netgeek (3)

芸術的なことは全く分からない人でもこの凄さは分かるはず。今やPCソフトでイラストを書く時代だが、こういうアナログなものもまた味があっていい。

4.

Desenhos_netgeek (4)

こっこれならちょっと練習すれば自分にも書けるかも!?

5.

Desenhos_netgeek (5)

応用編としてキャラクターもばっちり。でもこれって相当危ないやつだ!

6.

Desenhos_netgeek (6)

訴えられそうになったら消してしまおう。ほーら何もなかった。

7.

Desenhos_netgeek (7)

じゃん!またキャラクターが出現。これも危険だ!

8.

Desenhos_netgeek (9)

ボールペンでつつくと崩れて水になってしまった。

9.

Desenhos_netgeek (8)

基本的になんでも書ける凄腕の持ち主。普通のイラストレーターとしても超一流。

10.

Desenhos_netgeek (12)

このネズミは日本最強の法務部を持つと言われるあの会社のキャラじゃないか。法律なんて無視して表現の自由を貫くアーティストということか。かっこいい。

11.

Desenhos_netgeek (11)

どれでもいいから1枚欲しい!額に入れて飾りたい!。もし買うことになったらけっこう高そうだ…。

J DesenhosはFacebookページにて、この他にもたくさんのイラストを公開しているので気になった人は見てみてはいかが。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!