netgeek

5

【速報】池上彰がヤバすぎる情報収集術を公開!!ここまでやってたのかよ!!!

腹BLACK 2014年11月14日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ニュース解説でお馴染みのジャーナリスト池上彰(64)が明かした独自の情報収集術があまりにもすごいと話題になっている。

ネットでシェアされた1枚の写真には池上彰の驚くべき生活が記されていた。

e5d8cdc0

以下では内容を要約して紹介しよう。

(1)休日はケーブルテレビでアメリカのCNNを流しっぱなしにする。

BGMのように聞くことでアメリカのメディアがどんなニュースをどのような視点で報じているのか把握する。池上彰に休みの日などない。年がら年中自身のスキルアップを目論む仕事の鬼なのだ。

(2)新聞は毎日、全ての全国紙を読む。

毎日読んでいると読むスピードがかなりあがってくるので、意外と時間はかからない。気になった記事や貴重なデータが含まれるものはコピーしてノートにはっている。1ページに1枚だけと貼るというルールを忠実に守り、定期的に読み返して全体像を把握するように心がけている。

PCや日経テレコンなどでデジタル情報を検索する方法も使うが、検索は自分の知っているワードでないと見つけられないという弱点があるので、アナログなやり方で新聞を読むことは依然として価値があると考えている。

(3)書店では売られない直接購読限定の専門誌は5冊購読。

日本のものは3冊、アメリカのニュース誌は2冊読破しきって情報武装。情報を手に入れるためにはお金は惜しまない。

(4)毎日3店の書店を訪れて隅々までチェックする。

もはや書店員よりも詳しいので新刊が入るとすぐに気づくことができる状態になっている。経済、海外、環境問題などといった専門書を中心に年間300冊は購読するので書籍代がかなりかさんで痛いところではあるが日々勉強の毎日。

***

執筆、講演、TV出演といった仕事をこなしつつ、自分の能力を高めるためにここまでやっているというのだから驚き。

やはりどんな分野でも成功する人物は見えないところで血の滲むような努力をしているものなのだ。もっとも本人は趣味の範疇として楽しんでやっているので努力と捉えていないかもしれないが…。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (5)

  1. >血の滲むような努力をして...

    池上さんは自分の好きなことしてるようにしか思えない俺って能天気かなぁ。
    時々辛いこともあっても基本好きなことやって飯食えるって最高だよな。

     
    返信
  2. ラジオやテレビに雑誌。
    すべて流れていく表層的な知識に見える。
    年間に300冊の書籍を読めるということは、読めるような内容のものを読んでいると言うことでもある。
    池上さんが軽く見えるのはそのせいだと思う。
    自分を高めているのか、表層的な知識に脅されているのか、どちらだろう。
    私には後者に見える。

     
    返信
  3. 内容を要約するのはいいけど

    「英語の雑誌は、毎週ちゃんと目を通すだけの英語力もありませんし、その余裕もありませんが…」

    「アメリカのニュース誌は2冊読破しきって情報武装」

    と勝手に解釈するような要約は信用できないな
    ただ単に筆者の思う人物像を作りたいだけだろ

     
    返信
  4. なるほど、こういう情報収集方法は大変だろうな。
    でも全国紙は今もう横並びの記事しか書かないし、同じネタを各紙がどのように味付け(偏向含め)しているか、その中で事実はどれなのか?というメディアリテラシーがないと意味は無いね。

    それから一時休止していたTVのニュース解説番組をやり始めているけど、未だに事実と違う解説している点を修正はしないんですかね?
    久しぶりに少しだけ見ましたけど、だいたい合ってるけど微妙に嘘(単なる間違い?しかも大事な部分)が混じっていてすぐにチャンネル変えましたw

     
    返信
  5. ここに書かれている4つのことは、人の意見を集約するということですよね。時間をかければ誰でもできることです。

    でも本物のジャーナリストとは現場に行って自分の目で確かめ、自分の頭で考える人のことをいうのでは?

    以前、池上さんは取材時間が無くなるから、もうテレビには出ないとおっしゃったと思いますが、1年もたたないうちにまたテレビによく出演するようになりました。あの時のコメントはなんだったのか疑問です。

    つまり、もうジャーナリストはお辞めになったということでしょうか。

     
    返信

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!