netgeek

0

色々なものを電子顕微鏡で100万倍に拡大したらそこには美しすぎる世界が広がっていた

腹BLACK 2014年10月25日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

光学機器メーカーのニコンが海外で開いている2014年「スモールワールドコンペティション」の応募作品があまりにも綺麗だ。普段は目にすることができない小さな箇所もニコンの電子顕微鏡を使えば細部の構造がありありと分かる。

参考:Our 10 Favorite Photos from the 2014 Nikon Small World Competition
http://www.featureshoot.com/2014/10/favorite-photos-2014-nikon-small-world-competition/

これまで光学顕微鏡では2,000倍までしか拡大することができなかったが、電子顕微鏡では100万倍まで拡大することができる。この記事ではコンテストに応募された作品を紹介しよう。

クモの目

Small_World_01
けっこうかわいい目をしている。

ゼブラフィッシュ(熱帯魚)の胚

Small_World_05

花粉

Small_World_07

アリの目

Small_World_02
なんじゃこりゃ!?いっぱいあってじっと見ているとクラクラしてくる…。

葉の気孔

Small_World_03
小学校で習った気孔もこの通り、鮮やかに見える。

プラナリアの神経回路

Small_World_08

ヒトデの赤ちゃん

Small_World_09

塩化マグネシウムとアルミカリウムの混合物

Small_World_11

ボルボックス(藻の一種)

Small_World_10

タマムシの目の付近

Small_World_06
マツゲがふさふさだ。

目に見えないところでこんなにも美しい世界が広がっていたとは驚き。なお特設されているウェブサイトNikonSmallWorldでは過去の作品が掲載されており、科学好きにはたまらない画像がたくさん見られるようになっている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!