netgeek

0

【速報】Gunosyが1回120万円という超高額設定でネイティブ広告の取り扱いを始める

腹BLACK 2014年9月2日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ニュースアプリのGunosy(グノシー)は9/2、自社HPにてアプリが累計500万ダウンロードを突破したのを機にネイティブ広告「Gunosy Native Ads」の取り扱いを10月から開始すると発表した。

広告出稿は最低でも120万円

gunosy2
Gunosyにネイティブ広告を出すとアプリ内にて記事の一覧に表示されるようになり、1週間表示されるようになる。広告掲載費は1回120万円で男性、女性にターゲットを絞る場合は150万円。さらに記事作成をGunosyに依頼する場合は追加で30万円、素材だけ用意すると20万円。…ということでかなり高額だ。

▼掲載イメージ。Sponceredの文字はつくが、クリックすると普通の記事のように見える。

gunosy5

Gunosyに広告を出稿するメリット

「Gunosy Native Ads」ではユーザーに広告と感じさせないことで、より自然にPRできるというのがメリットとしてアピールされていた。以下の図表はアンケートを基に作られた「Gunosyのウリ」として紹介されていたデータだ。

500万もインストールされている。
gunosy

女性ユーザーも多い。
gunosynative2

ビジネスの第一線で活躍する人が使っている。
▼高年収な人が多い。
gunosynative3

週に1度以上使う人が80%もいる
▼なお時間帯別でみると、朝、昼、夕方、夜にアクセスが増えている。
gunosynative4
ということらしいのだが、最低でも1回出稿するのに120万円もかかってしまうこのGunosy Native Ads、広告効果は高いのだろうか。また、ユーザーとしては記事との違いが分かりにくい広告が多くなるるということでストレスが増えそう。

Twitterの反応

大赤字でも強気に攻めるGunosy経営陣。対するSmartNewsは静かに着実な経営をしているという印象を受ける。直近では、はてなのpressoなども加わり、ますます競争が激化するニュースアプリ戦国時代、最後に笑うのは誰なのだろう。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!