netgeek

1

迷惑なダイレクトメールを送り付けてくる業者をギャフンと言わせるたった1つの方法

腹BLACK 2014年7月29日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ベネッセの顧客情報流出が社会問題になったことで、私達の個人情報が名簿業者を介して何社にも渡って転売されていることが明らかになった。普段家にかかってくる営業の電話や不意に届くダイレクトメールは決してランダムに狙っているわけではなく、業者同士が水面下で繋がっていて定めたターゲットに狙い撃ちしているものなのだ。

そんな中、netgeek編集部は迷惑なダイレクトメールを完全にシャットアウトする方法を見つけた。やり方は簡単。

(1)送られてきた郵便物を開封せずに…
(2)赤いペンで受取拒否と書く
(3)認印を押す(署名でもOK)
(4)ポストに投函

たったこれだけ!こうすると発送元に返送代が請求されるので業者は慌ててリストから外すのだ。
KC3S0018

ちなみに、このやり方は郵便局のHPに掲載されていた確かな情報なので安心して欲しい。

参考:架空請求、いたずら等、迷惑な郵便物を届けてほしくないのですが、どうすればよいのでしょうか?
https://www.post.japanpost.jp/question/121.html

なおすでに開封してしまったものや郵便局のものではない「メール便」、裁判所から送られてくる特別送達はこの方法が使えないのでご注意を。

「受取拒否」で画像検索するとたくさん出てきたのでどうやらずいぶんと前から一部では有名な方法だったようだ。こんな便利な裏ワザがあったとは…。

20081025

▼「受取拒絶」でもOK
P6040006

012

この相手にダメージを与えつつ同時に防御もできる実に素晴らしいライフハック術、意外と知らない人が多いのでTwitterやFacebookあたりで友人に教えてあげると感謝されるかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 民主党のフランケンの事務所から郵便物が届いていたから
    この方法で送り返した。

    シャッター街が増えたのはイオンの所為だ

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!