netgeek

0

もう目覚ましなんていらない!?朝すっきり目覚めるための7のライフハック

lemon 2014年7月22日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

毎朝起床時間ぎりぎりまでベッドにもぐりこみ、その結果時間がなくなってどたばた準備をしてしまう。こんな生活習慣を変えて、だるさを感じることなく余裕を持って目覚めたいと思っている人は多いだろう。今回はそんな人のために快適な朝の目覚めを迎えるためのライフハックを7つ紹介しよう。

1.寝る前にお酒を飲まない
f250be6417120cfe8123d18f5fbd1dde

これは意外に思うかもしれないが、寝る前にお酒を飲まないことで寝つきがよくなり、結果として朝すっきり起きることができるようになる。アルコールを摂取してやってくる眠気は一時的なものであるため、途中覚醒してしまうことがあるそうだ。自分では気づいていなくても眠りが浅くなっているということなので寝る直前にお酒を飲むのはやめよう。

2.次の日の起床時刻を眠る前につぶやく
2

なんと、寝る前に起床時刻をつぶやくだけで次の日思ったとおりの時間に起きることができるようになるそうだ。これには実は脳内ホルモン「コルチゾール」という物質が関わってくる。コルチゾールは血糖値や血圧、心拍数を上昇させる物質で、脳に起床時間をあらかじめ認識させておくと、起きる3時間前からこの物質が分泌され、予定時刻にすっきりと目覚めることができるのだ。

3.「がばっ」と言って起き上がる
3

これもかなり信憑性にかけると思ってしまうかもしれない。しかし、朝発声することで脳が目覚め、勢いよく起き上がることで体も覚醒する。また、「がばっ」とは一般的に勢いよく起き上がる際に用いられるオノマトペであり、これを口に出すことでさらに脳の覚醒を助けてくれるそうだ。

4.カーテンを開きっぱなしにして寝る。
4

太陽光を浴びれば自然と目が覚めるもの。しかしどうしてもカーテンに手が伸びないという人は、いっそ開けっ放しにして寝てしまうのもひとつの手である。それは厳しいという人は薄手のカーテンに変更し、とにかく朝太陽の光を浴びるような部屋作りをするべきだ。

5.足の親指と人差し指をこすりあわせる
5

足の親指と人差し指をこすりあわせるようにして親指とそのほか4本の指を必死に動かすと意識がはっきりするそうだ。

6.寝る前にテレビや携帯の画面を見たり、蛍光灯の光を浴びたりしないようにする
6

強い光を寝る直前に浴びてしまうとどうしても寝つきが悪くなり、結果として次の日布団から出られないということが起こる。そこで、せめて寝る前の30分は携帯やパソコン、テレビの使用を控えてなるべく早く寝ることができるように努めよう。

7.ストレッチをする
7

体を動かすことは快適な目覚めへの近道だ。起き上がるまでに時間がかかるという人は寝転がったままでも体を伸ばすことで脳が覚醒し、ずいぶんすっきりと起きることができるはずである。

さわやかな朝を迎えるためには、やはりストレスなく起きることができるかどうかということが重要になってくる。今回紹介したようなライフハックを使ってすっきり快適な目覚めを体験してほしい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!