netgeek

0

遊びに来るアライグマに餌をあげるのは幸せです

netgeek 2020年11月16日
 

日本では考えられないことが海外の常識だったりする。11月8日の日曜日、海外の男性は幸せな時間を過ごしていた。

なんだこれは!もふもふがいっぱい!

ジェームズ・ブラックウッドさんは25年間に渡ってアライグマに餌をあげ続けている。YouTubeにアップされた動画には自宅のポーチに17匹のアライグマが集まっている様子が映っている。

バケツに餌を入れて登場したジェームズ・ブラックウッドさんと足に抱きつくアライグマ。とても可愛い。

この習慣はすでに天国に行った妻が2003年に始めた。

「私はほとんど人がいない森のエリアに住んでいます。ガンになった妻は病院のベッドでアライグマと猫、母親の世話をしてほしいと言いました。約束を守っていることを誇りに思います。保護猫は家の中に2匹います」

アライグマはお利口で、手渡しで餌をもらうこともできる。ずいぶんとお行儀が良い。

「アライグマたちは食べ物を完全に依存しているわけではなく、野生でも食べています」

ハッピーな映像はこちら。

外国人のリアクション訳

・ここでビール飲みたい

・強盗アライグマ「お前の自由は終了した」

・クッキーは噛むけど指を噛むことはないんだね

・雨の音よりセラピー効果のある映像だ

・なにこれすごい

・羨ましい!

・餌をあげているときのブラックウッズさんの声好き

・食べすぎなのでは…

・羨ましいふわふわギャング

・冬が来るから蓄えておかないと

・人間よりテーブルマナーが良いかも(笑)

・「おじいちゃんお菓子ちょうだい」って甘える孫みたい



▼この記事が面白かったらいいね!
▼この記事をシェアする
▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!