netgeek

0

外出禁止令のスペイン、散歩は例外ということで近所に38回貸し出された犬(?)

netgeek 2020年3月25日
 

スペインでは外出禁止令に例外があり、犬の散歩なら許される。それゆえ犬を飼っていない人はあの手この手で外に出ようとする。

ある1枚の写真が「1日38回散歩した犬」として話題になっている。

事実なのか、それともただのジョークなのか…。ソファに乗る気力すら失い、意気消沈している犬の様子は面白くも思えてしまう。散歩が大好きな犬も、やはり不必要に出歩くと疲れてしまうということなのだろうか…。

よく見るとソファの奥では人とノートPCが写り込んでいるので、外出禁止令が出ているときの写真という信憑性が高いようにも思える。ネット上では本当の話として信じている人も多いようだ。

ところが詳しく調べたところ、少なくとも2011年の時点で「Dog tired(疲れた犬)」として投稿された写真であることが分かった。

いずれにせよ、これまで犬の散歩は代行業者に頼むとお金を支払わないといけないものだったが、ここにきて逆にお金が貰えるものになり始めた。

その需要は確かで、犬をたくさん集めれば商売ができるレベルだ。もちろん政府には目をつけられるが…。

同じようなジョークのようなエピソードは他にもネット上でみられる。何やら笑いながら撮影していると思ったら映っているのは散歩中の男性とパトカー。

だがよく見ると紐の先についているのはおもちゃの犬なのだ。そんな散歩は認められるわけがない。

続いて子供にダルメシアンのコスプレをさせて外出しようとする例。

とても可愛らしく愉快な映像ということでネット上で人気を博している。

新型コロナウイルス(COVID-19)が沈静化するのはいつになるのだろうか。早く世界に平和が訪れてほしいものだ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!